我が家の通勤快速のワゴンR(MH21S型)ですが、先日助手席の窓ガラスが、下げることが出来るが上がらなくなってしまいました。
こうなってしまうと、当たり前の想像通りですが、窓ガラス全開でにっちもさっちもいかない状態に落ち着きました。

これでは通勤には使えませんので、家内は燃費の悪いハイエースで出勤して貰うことになりました。


状態は
(1)運転席のスイッチで閉まらない
(2)助手席のスイッチでも閉まらない

と言うことは、二つのスイッチがあって両方で動かないんだから問題はスイッチでは無く「レギュレータが悪いんだ」と言う私なりの結論になり、早速オークションで中古を仕入れた。
落札1,000円 + 送料1,000円の計2,000円。このくらいが相場のようですね。新品を購入すると2万円くらいするみたいなので、「安く直せたぜ」・・・・なんて思ってた。


一応中古レギュレータを取り付ける前に、まずは確認。
IMG_20170517_182246

内装を外し、ドアに付いたままの、壊れたと思われるレギュレータからカプラを外し、中古レギュレータに取り付け、ウインドウスイッチ、オン!!

あれ!?動かないでは無いか!

どっかにアースが必要なのかと、レギュレータをドアにくっつけたりしても動きません。やられた!スイッチなのか!?

結局運転席のウインドウスイッチを再びオークションで入手2,000円+700円で2,700円。
なんの事は無い、カプラ外してパチンパチンと取り付けると、助手席のウインドーは綺麗に動きました。

めでたく完成!と思い。助手席のスイッチを入れてみるがウインドウは動かない。なんと!!両方のスイッチが死んでいたらしい。そんな事あるのか?と思うんだが結論では両方壊れていた。

助手席のスイッチは機械式なので直せるかもしれないと、外してバラして見たが、部品が折れていたらしく修復不能。
まあ、助手席のスイッチ無くても良いかぁ、と助手席のウインドウスイッチ無しで完成!!

と思って内装を戻してみたんだが、今度は再び運転席のスイッチでも助手席ウインドウが操作できなくなった。

あれ?あれ?そういうことか、運転席と助手席のスイッチは三路スイッチの様な回路になっていて、両方が生きてないと動かないんだね。

ということで、助手席のウインドウスイッチを購入(420円)してようやく完成。

実はその前にMH21Sの運転席スイッチを前期と後期を間違えて購入しているので、今回の購入は

・運転席ウインドウスイッチ (前期+後期)(5,400円)
・レギュレータ(2,000円)
・助手席スイッチ(420円)

このうち未使用分が以下の2点です。

・運転席ウインドウスイッチ (前期)(2,700円)
・助手席レギュレータ(2,000円)

誰かいるか?