各社しのぎを削り、ユーザーを囲い込もうと始めたクラウドストレージ無制限サービス。
「ついに、クラウドストレージ界へ巨匠が動いた」の記事でも紹介したように、無制限サービスに参加したAmazonですが、結局最大手も失敗したようです。


ちなみに、本日来たメールによると

------------------------------------------------------------------
Amazon Driveでは、Unlimitedストレージプランの提供を終了いたしました。

・・・・・・・・・

年間100GB(年額2,490円)または年間1TB単位(年額13,800円、最大30TB)の新しい年間ストレージプラン

・・・・・・・・・
------------------------------------------------------------------


という訳だ。

現在の私のストレージ利用状況はこんな感じ。
アマゾン契約1


3Tの利用状況。

まあ、殆どがリッピングされたDVDなのだが、撮影した動画や、必要なファイルなどでも300G程度はあるのでこれはどうしても(Amazon以外でも良いが)バックアップが欲しいところだ。

この「たった」300Gのサービスでも2,490円 x 3 =7,470円

どうやらGoogleドライブと足並みを合わせたようだ。ちなみに、私が別途契約しているGogleDriveの利用状況はこの様な感じ。
google契約1


想定はしていたが、「意外に早かった」というのが私の感想だ。

残念!まだ早かったか。
huluやNetFlixがもっと力を持って、見たいと思える映画やドラマがネット上の何処かで見ることができればDVDのバックアップも不要だろうな。

仕方ないからそれまではNASでも購入して運用することにしますかね。