実は昨年の年末に半額セールを行っていたGoogleHomeを購入して我が家をスマートホームにしようと企んでるところだ。

正直、何ができるかわからないままにGoogleHome(スマートスピーカー)を購入したというのが正直なところ。で、品物が来てから色々調べてみたんだが、正直言うと「時期尚早」であることが解った。

ネット上にはGoogle Homeでできること大全などと、似たようなページたくさんあり、すごくいろんな事が出来るように書いてある。

しかし、一般人が購入してすぐに出来ることはこの程度だ
(※その前に、自宅に使い放題のWi-Fiが飛んでることが大前提なんだが、そのことも大きく宣伝されていない)

・計算をさせる・・・「365 割る 5 は?」
・天気予報を知る・・・「明日、東京の天気は?」
・タイマー・・・「明日7時に起こして」
・アラーム・・・「ラーメンタイマーを3分して」
 

まあ、これくらいだ。

あれ?テレビ付けられないの?外出先からエアコンを入れられるんじゃないんだっけ?
出来るには出来ます。
ただ、これらを行うには、現段階では数千円〜1万数千円の「スマートリモコン」と言われる他社の製品を購入する必要があります。

さて、明日の天気や、難しい計算結果を教えてくれる事、テレビとエアコンをつけたり消したりしてくれます。
その為の費用は設備にもよりますが、GoogleHome(14,000)とNarureRemo(13,000)を購入すると27,000円程の出費になります。

いかがでしょう?
更にこれらを行うためには結構複雑な設定が必要になります。更にスマートな実現手段も一つではないので、便利な設定に関しては混乱必至でしょう。


「スマートホーム」をやりたいという人から見ると明らかに高すぎ(高度すぎ)ます。また、この値段は一部屋のみです。別の部屋のエアコンつけたい場合は、スマートスピーカーもスマートリモコンも部屋の数だけ必要になります。

結論として「未来映画に出てくる様なスマートホームを期待している人にはまったくの期待外れの製品です。」


・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・



しかし、私はこの「スマートスピーカー」を否定しているわけではありません、それどころかこれは我々のようなITオタクには果てしない可能性を秘めた「最高のおもちゃ」となるわけです。

また、このあたりは別の記事で報告したいと思います。