ようやく「スマートガレージ」(ガレージのIoT化?)を完成するのに部品が全部揃った。

おさらい

やりたい事
・スマホのGPSを用いて、自分が帰宅する頃にガレージのシャッターを自動で開く

必要な物(サービス)
・sonoffの4chスイッチ(開閉で2chで良いのですが、見つけられなかった)
4ch

・ガレージの4chスイッチまで届くWi-Fi
・IFTTT
・自分のスマホ
結局これだけです。

あとは少々の加工(以下参照)
IMG_20180120_083116
シャッターのスイッッチ回路
シャッター回線回路


一応、IFTTTの設定を簡単に説明しておくと、Thisには「Location」で自宅周辺を選び、「自宅周辺に入ったら」を選択します。
次にThatには「eWelink」で先のガレージに設置した4chスイッチを選び、channel1を「オン」にします。

これで自分が自宅周辺に帰ってくるとガレージのシャッターが自動で開くようになります。
IFTTTガレージ


こんな感じですね。

※出掛けにシャッターを閉じる場合は、ガレージを出た直後に普段のリモコンの操作範囲で閉じれば良いので実は不要だったりした。

また、せっかく「シャッターがスマートになった」んだから、音声で操作もしたいですよね。

IFTTTの「This」に「GoogleAssistant」でフレーズ「シャッターを開けて」に対して、「That」へ上記同様にeWelinkにてシャッターを開くように設定すれば、部屋の中から「音声で」シャッターの開け閉めが出来ます。

朝、玄関を出る前にシャッターを開けておけばガレージへの出入りが楽ですね。

こうして考えると、我が家やガレージ、子どもたちは、どんどんスマートになってゆきますが、私はますますダメ人間にになってゆくような気がします。