松本生まれということで開催されている草間彌生展、行ってみた。
なので、ここには常設の展示物が玄関に置かれている
IMG_20180331_103540

なので、以前からなんとなく草間彌生美術館っぽかった。

TVで見たときなどは変な人だとは思ってはいたが、やはり「変な人」でした。それも自殺「未遂」を繰り返すような嫌な人。

伝記などを読んでると天才は、その才能を得た代わりに何か人として欠如している物がある人が多い様で、その結果人に迷惑かけまくって、周りの人たちの世話の上で存在していることはよくある話なんだと思うんだ。

けど、それは生活レベルでの話ならば、「だらしない人」などの言葉で済まされるが、生死レベルで迷惑を掛けてはいけないだろうと思うんだ。このひとは、天才芸術家なのでそこを批判する人はだれもいないし、そんな事は美術館には書かれていない。

IMG_20180331_103545

IMG_20180331_103424

IMG_20180331_100051

まあ、それだけで私は嫌悪感を示してしまいダメ。芸術を「人」として見ては行けないな、「作品」としてみないと。

もちろんそういう人の作品だから、素人の私が見ても狂った作品ばかりだらけだけれど、
見たい人はどうぞ。