自宅にいるときにお店や友達の携帯、あるいは固定、はたまた職場への電話をする際には固定電話を使ったほうが良いのか?それとも携帯電話を使ったほうが良いのか?

気にする事は有ったけど、結局調べないんでなんとなく、うろ覚えのママ、どこに掛けるにしても携帯電話を使ったほうが高そうな気がしていた為、自宅にいるときは面倒でなければ、固定電話を利用していた。

ただ、携帯い電話も各種「かけ放題」のサービスや無料通話分がある為、
「一体、どちらを使ったほうが安いのだろう?」
と疑問を持った。

んで、「適当に」、早速調べて見る
※横列が自宅で使う電話の種類で、縦が電話を掛ける相手
固定 携帯 IP(OCN)
固定(市内) 8.5円/3分 14円/0.5分 9円/3分
固定(〜20km) 20円/1.5分
固定(〜60km) 30円/1分
固定(60km〜) 40円/0.75分
Docomo 60円/3分 18円/3分
au 90円/3分
SoftBank 120円/3分

これでは価格が非常に見づらいので、全部1分あたりの料金に単位変更すると、

1分あたりの通話料金
固定 携帯 IP(OCN)
固定(市内) 2.8円 28円 3円
固定(〜20km) 13.8円
固定(〜60km) 30円
固定(60km〜) 53.3円
Docomo 20円 6円
au 30円
SoftBank 40円
こうしてわかったのは、固定電話からの発信で

長距離とドコモ以外へ発信は注意!

でした。
だけど、相手がドコモなのかはわかんないんですよね。

また、従量制の通話におけるIP電話の激安っぷりがよく分かる表だと思います。
そもそも、LINE通話等、無料の通話が有る現代にこういった通話料金の設定自体が意味を成さなくなっているとは思いますが、まだ利用されていますので、比べてみます。

さらに、他にもNTTコミュニケーションやKDDIの通話等、電話には色々と料金設定が有るし、さらに固定電話は深夜に一気に安くなる為、一言で、比較・表現すのはかなり難しいです。

現実とすると一般的に携帯電話の通話には「無料通話分」が付加されているか、そもそも「通話無料」です。
万が一の場合でも、現在の日本で一番高い料金設定でも「40円/分」ですの。
で、結論とすると、家の固定電話が有っても、基本は携帯で電話をかけるのが間違いないと思われます。


「固定電話を使うほうが安い」っていうのは既に伝説の話だったらしい


やれやれだな。