IMG_20180602_165434


このジャイロ、よく見てみると(よく見なくとも)ノーマルでは無い。
そのあたり、販売者に聞いてみると
「カスタム物件として受注したが、途中で要らないと言われてしまった」
らしい。

その後、不動のママ5年ほど経過しているが以前は実働していた(らしい)。その為、キャブの掃除すればエンジン掛かり、とりあえず、メーターケーブル類を戻してやれば登録できるかな?なんて甘く見ていた。


という事でまずはエンジンを掛けることが最重要の課題。何もしない状態でキックを軽く踏み込んで見ると、クランクは回る様子。とりあえず、シリンダー内が固着してしまったなんていう最悪の状態はない様子。

調子に乗って、「エンジンかかるかも?」とセルを回してチャレンジして見たが、やはり、途中で止まってしまう。

もう一度、踏み込むと何故かクランクが回らない。その後何度か試しても回ったり回らなかったりする。

何が起きているのかわからないんで、とりあえずプラグを外してヘッドの中を覗いてみると何やら液体が充満している。どうみてもオイルなのだが、これはどういった状態なのか?

早速gogole先生に聞いてみると、2ストロークエンジンでは良くある話で、ガソリンをストップしたりして、エンジンがかからないまま、セルを回し続ける(キックをし続ける)とシリンダー内にオイルばかりが注入され、オイルまみれになるという話。

まあ、今回はまさにそのとおりなのだが、このオイルを溜めた原因が、今の私なのか?それともずっと溜まっていたのかは不明。

とりあえず、プラグを抜いてキックをすると、オイルが吹き上がってくる状態なので、まずはそれを解消。

下記的な方法は無いらしく、そのままオイルが吹き上がるのが止まるまで繰り返すしかない様子なので、ウエスをたくさん使いながらオイルがなくなるまでキックを軽く踏み続けた。

それと同時に、シリンダー内がこの様な状態だという事は、キャブレタやマフラーもオイルまみれなのは、私のような素人にも想像が易しい。

ということで、出来ればやりたくなかったんだが、キャブレタとマフラーを取り外すことにした。
このバイク、無理な荷台を作ったおかげで、整備性はかなり悪いようで、オイルタンク、エアフィルターと一通りのものを外さないとマフラーまでたどり着けない。

、またマフラーのボルト、ナットも非常にアクセスが悪い。

取り外したキャブレタは思った有情に状態が悪く、各種ジェットはオイルが緑色に腐食して、詰まらせていた。

クリーナーではなかなか綺麗にならないた為、新調することに。
IMG_20180610_154708


また、マフラーも一旦、焼きを入れておき、さらにこのあと、とりあえず家事用のパイプクリーナーで満たしておいた。

IMG_20180610_095041


マフラーもそうだが、やはりエキパイにはオイルがたくさん溜まっていたようで、良く萌え燃えました。