先述の通り、キャブとマフラーを取り外したのだから、エンジンはスカスカ状態で「もう少しよく見てください」と言っているように見える。
なので、オイルまみれになったシリンダーもどうなっているのか気になって、ここまで来たのだからヘッドも開けてみた。

IMG_20180610_152130

シリンダー内部に傷は見られず、ピストン自体も黒くカーボンは溜まっているものの、傷などは見られなかった。

ここで、さらに一安心。きちんと組み直せば新品同然になるでしょう。
IMG_20180610_154645


しかし、新品同然にするにはかなりの部品を新調します。この週末、色々とバラして判った必要と思われる消耗部品を片っ端からWebikeに注文した。

現時点で、計算して見ると部品代1万円オーバーしていた。