色々tお手順は省くが、ジャイロの各パーツを洗浄後組み付け、基本的な電装系の配線も終了した。
ここで、最大のイベントである、案人の火入れだ。

シリンダー内にオイルたっぷりで、いわゆる「ウォオーターハンマー現象」でクランクもまともに下がらなかったエンジンは(この溜まってたオイルのお陰でエンジンが保たれていたのかもしれないが)どうなるのか?

セルを回すものも怖いんで、プラグ穴からガソリンを少々入れて、まずはキックを軽く。

「ブロブロロッッ!」

おおっ!掛かりそう。もう一度気持ち強くキック!

「ブロン!ブロロロロロロ□□□□!!!」

ヤッター、掛かった。ただ、投入したガソリンが切れるとどうやらエンストしてしまう。どうもガソリンが共有されていない様子。

仕方が無いので、ガソリンの負圧ポンプなるものを外してみる。
IMG_20180616_093433

バラして掃除して、そして、サービスマニュアルの通り、動きを確認した。
掃除、そして、組み上げる際に向きがわからなくなてしまったのは内緒なのだが、色々画像検索して正しい向きを調べ、組付け。さらにホースには事前にガソリンを入れておくことにより、エンジンも回り続け、ガソリンの供給も問題ないようだ。

オイルポンプの動きも確認したし、これで走れるぜ!

IMG_20180620_170303

ちなみに、エアクリーナーから出ているホースにビニテープがマイてあるのはA/Fコントロールのホースが劣化して切れていたからだ。
先の話の通り、ほぼ不要にもかかわらず、どうにもホースを外すことが出来ず。しかし、ホースが切れてしまっている。
仕方ないのでビニテープで延長しておいたんだ。ノーマルの給排気系でキチンと走ることが確認できればそのうち外しちゃおうか?と思っている。

試走もしてみたが、適当にキャブレタスクリューを締めたにもかかわらず、普通に走ることが出来るのはさすがノーマルパーツのみの構成だからだろうか。そして、各所も大きな不具合は無いと思われる。

少々上り坂でアクセルを開けると失速&エンストしてしまうが、このあたりは調整が必要なのだろう。