さて、ラズパイでナスを作るなんだけど、細かい話でやったことだけを備忘録として記載。

NTFSのままラズパイに移植するので、事前にNTFSを使えるようにしておきます。

# sudo apt-get -y install ntfs-3g

これで、ラズパイのUSBに2台のUBSHDDを差し込んで起動。

まず、デバイスが正しく認識されているか確認する

# sudo fdisk -l

Device Start End Sectors Size Type
/dev/sdb1 34 3907029134 3907029101 1.8T Microsoft basic data
〜〜〜
/dev/sda2 264192 5860532223 5860268032 2.7T Microsoft basic data
〜〜

こんな感じで2台のUSBHDDは「sdb1」と「sda2」という名前で認識されていることを確認



次に自動マウントのために
デバイスのUUIDを探す

# sudo blkid /dev/****

----------------------------------------------------

pi@raspberrypi:~ $ sudo blkid /dev/sdb1
/dev/sdb1: LABEL="Data(1.8T)" UUID="96481C72481C537B" TYPE="ntfs" PARTUUID="b2460463-843a-452a-b824-71d7b7d141ad"

pi@raspberrypi:~ $ sudo blkid /dev/sda2
/dev/sda2: LABEL="Data(2.7T)" UUID="3A3E99CD3E998315" TYPE="ntfs" PARTLABEL="Basic data partition" PARTUUID="754a7f8d-8c2e-494d-bf9a-7c6974116d9c"

-----------------------------------------------------


IDが見つかったんで、ラズパイ起動時に自動マウントするため、設定ファイル書き込みする
※デバイスの名前ではなく、IDで設定ファイルを作成しておく必要は、
おそらくUSBHDDを抜き差しでするとデバイス名は変わってしまうからだろう。


# sudo nano /etc/fstab


----------------------------------------
####外付けHDDのマウント
UUID="96481C72481C537B" /volumes/USB18T ntfs-3g defaults 0 0

UUID="3A3E99CD3E998315" /volumes/USB27T ntfs-3g defaults 0 0
----------------------------------------
※/volumes/USB18Tは解りやすいように付けた名前である、その後の記載はおまじない

設定ファイルの反映
# sudo mount -a
さらに再起動
# sudo reboot


最後にサンバの設定
この様な書き込みをすることで外部Windowsなどからも参照できる様になる

sudo nano /etc/samba/smb.conf

----------------------------------------
[USB18T]
comment = USBHDD18T
path = /volumes/USB18T
read only = no
guest ok = yes
force user = pi
public = yes

[USB27T]
comment = USBHDD27T
path = /volumes/USB27T
read only = no
guest ok = yes
force user = pi
public = yes
----------------------------------------

ラズパイ設定完了


ラズパイに繋げた、2台のHDDがネットワーク上からWindowsから見られるようになりました!!
これにて「ラズパイでナスを作る」
 (Raspberry Pi でNAS(Network Attached Storage)を作る)終了。