スマート体重計(その1)から
ノキア WBS06-WHITE-ALL-JP
の購入談の続き。

1200x900-2018070600090

まあ、想定はしていたのだが、「設定の難易度が高すぎる感」は思った以上だった。

まず、大はまりしたのが、「メールアカウントの文字列の規制」だ。

スマホ用のアプリ「Health Mate」を利用して、まずはアカウントを作成してから利用するのだが、当初どうしてもアカウントが作成できなかった。

アカウントを作成しようとメールアドレスとパスワードを入力して「作成」とするのだが、「すでに利用されているアカウントです。」と拒否される。

何かの間違いなのか?と何度か繰り返すも答えは同じ。

では、繰り返しているうちにアカウントは既に作られてしまって、本当に重複したのかな?と思い。

今度は「パスワードを忘れた方はこちら」というところからパスワードの再発行を試みるため、メールアドレスを入力し、「送信」をするが今度は「このメールアドレスは不正です。」と意味不明の回答。


こんなやり取りを何度か続けるうちにふと気がついた。

このサイト専用の「禁則文字列」が存在するんじゃね?と。
これまで2つくらい試したメールアドレスには複数回のピリオド[.]や数値[12345]が利用されていた。なので、今度は至ってノーマルな英数のみのアドレスで試してみた所、成功!!

これは他の家族のアカウント登録でも同様の症状が出たので間違いないと思われる。
ピリオドを含むようななんらかの文字列がアカウントのメールアドレスとして弾かれてしまうらしい。

「やれやれだぜ」


ということで、人によってはアカウントを作成するのが最大のネックになる可能性があるので、スマホで操作するとミスが出やすいので、パソコンが有れば事前にパソコンでアカウント作成しておけばよりスムーズに設定が完了するだろう。

以下の「アカウントをまだ持っていない」からアカウントを作成できます。

Withing Webログイン
ログイン


また、Webでログインできるということは当然、パソコンでも自分の体重履歴などを確認することも出来ます。
withing


Google Fitとも連携しますのでそちらからもパソコンで見ることが出来ますが好みですね。

日々の使い方はとにかく「乗るだけ」でスマホに転送され、グラフまで出てくるので便利この上ないです。

ただ、気を付けたいのが、日々の体重に大きな変化が有りすぎると他人のデータとして見てしまうので同じ様なタイミングと服装で計測する必要があります。


もちろん、体重計やアプリの利用は家族にも共有できます。ここでも幾つかのトラップが有るので慎重に行います。

最初に登録したアカウントに「家族追加」で複数人管理できますが、子供ならまだしも女性などは、家族でも体重は知られたくないでしょう。
その場合は最初のアカウントのスマホアプリから「マイデバイス」→「設定」→「スケール(体重計)を共有する」を選択するとスケール(体重計)への招待メール(LINE等)を家族へ送ることが出来るので、そのリンクから「このスケールを使う」を選びます。
Screenshot_20181003-100855

※間違ってGoglePlayから新規インストールしてしまうとダメです。

あとは各自アカウントを新規作成してやればすぐに使えます。
※このアプリには(スマホへのデータを読むことへ)各種許可してくださいね

まあ、久しぶりに面白いものを購入した。

ただ、結論とすると設定難易度MAXなので、一般の人には勧められない製品なことは他のレビューを見ても明らか。

そういった人はタニタやオムロン等の国産の体重計を利用してください。しかしちょっと調べてみたのですが両社共にwifi + クラウドのサービスを運用している体重計はありませんね。

タニタが過去にBC-508とう製品を発売していたようですが、撤退したみたいですね。国内ではサーバー運用が高すぎるのでしょうか?