特にFire TVで大変にお世話になっている「Amazon prime」なんだが、さらに有効的に使おうと思い。kindle本を読む方法を模索してみた。

まず、Amazon prime会員に有った「prime reading」というサービスについて

そもそも、こんなサービスは知らなかったしが、どうやら2017年10月から開始されたサービスらしい。
概要は、「Amazonが指定した1000冊程度の本を自由に読めるサービス」ということだ。

ただ、これが曲者で、検索がしつらい。トップページの「プライム会員」から以下のprime readingのページまでは割と簡単にたどり着くことが出来るが、検索が出来ない。
prime reading
この検索窓から検索すると全件対象になってしまう。
ではどうするかと言うと、右端の「kindle本」から「カテゴリ」「Prime Reading 読み放題対象タイトル」へチェックを入れてやる。すると以下の様に、prime reading内での検索窓が出てくる。
kind3le6

これでprime reading を検索できるようになった。

しかし、古い連載漫画の一部だけだったり、自費出版のような品質の低いタイトルが多いのは仕方がないだろう。



次に無料で1冊/月のタイトルを読むことが出来る「オーナーライブラリー」というサービスについて
これまたAmazonが指定したタイトルの中から選ぶのだが、「prime reading」が1000冊弱だったのに対して対象のタイトルは数万冊の中から選ぶことが出来る。洋書を読むことが出来れば対象は数十万冊となる。
「prime reading 」よりは一歩進んだが、それでも自費出版のような品質の低いタイトルが多いが検索や抽出によって読みたいと思える本を見つけることが出来る。

しかし、オーナーズライブラリーを利用するには大きな障害が立ちはだかる。

まず、前提としてこのサービスを利用するには「kindle」端末もしくは「Fireタブレット」でしか読むことが出来ない。これは安いkindleを購入すればすぐ解決だし、実際に便利なのでそんなに問題ではない。

最も「オーナーライブラリー」を利用する事のハードルを上げているのは「絶対に素人にはたどり着けない検索方法」を利用しているからだ。

私もオーナーライブラリー対象本を検索するため、色々と試した。
検索ボックスに「プライム対象」とか「オーナーズライブラリー」などと入力してみたり、カテゴリに「オーナーズライブラリー」が無いのか?をくまなく探してみたりと、悪戦苦闘をしてみたが、どうやってもたどり着けない「オーナーズライブラリーの検索方法」

・まず、kindle本のページを開く
・検索ボックスで「プライム対象」と検索
アマゾンkindle

すると検索結果には「プライム対象」の本が一覧される。検索結果は5万件以上、これだ。
しかし、この先プライム対象でのカテゴリ変更や詳細検索が出来ない。

そこで、結果の上部にあるカテゴリの最後「プライム対象」にマウスを近づけると「x」印が出てきくるのでクリックして「プライム対象」の表示を消すと・・・・・
kindle2

あら不思議、プライム対象のみの検索窓が出てきたではありませんか!!
kindl5e3

この検索と左のカテゴリの選択でプライム対象数万件の本を検索することが出来る。ようやく検索ができたことになる。

しかしオーナーライブラリはパソコンでは読むこと(ダウンロード)が出来ない為、kindleにダウンロードさせたいが、それもパソコンから転送が出来ないので、kindle自身でもう一度この本のタイトルで検索してダウンロードするという手順が必要となる。

大変な手間だ。


最後に、これは有料サービスの「kindle unlimited」
このサービスは980円でやはりAmazon指定の本を自由に読むことが出来る。もちろん対象本は増えるが全てではなく、12万冊程度とのこと。
kindle8

検索方法はprime readingと同様な方法で行うことが出来る。


そもそも、Amazonはネット通信の本屋だったはず。なので本業は本(電子本)を「売ること」だ。
そりゃ、prime会員客が金を払ってるからって、「そんなに簡単にはタダで読ませないぜ!!」というのがひしひしと伝わってくるサービスという事。


最後にそれぞれの検索ページのショートカットを作ったんで、何かの役に立てばどうぞ。


「prime reading」を検索


「オーナーライブラリー」を検索


「kindle unlimited」を検索