最近ニュースになったりしている「観光列車」

九州の「ななつ星」なんてのは文字通りの「超豪華列車」で3泊4日の旅で「95万円」なんて値段も付いているんだが、実は日本にたくさんあった。

或る列車(JR九州)
ゆふいんの森(JR九州)
花嫁のれん(JR西日)
ろくもん(しなの鉄道)
TOHOKU EMOTION(JR東日本)
フルーティアふくしま(JR東日本)
丹後くろまつ号(京都丹後鉄道)
伊予灘ものがたり(JR四国)

この中の「ろくもん」に乗車してきた。
IMG_20190209_130958


「ろくもん」ってのは大河ドラマでも有名になった「真田一族」が利用していた家紋である。
長野駅と軽井沢駅を約2時間半掛けてのんびりと食事をしながら車窓の景色を眺める旅である。まあ景色って言ったって、長野県民にすればいつもの見慣れた景色では有るが、通常よりのんびりと走行する列車からの景色はいつもとは少し違う気がした。

もちろんメインは食事。いくつかのプランの中から私が乗車した列車では小布施にある料亭 鈴花が提供している。

IMG_20190209_133808

IMG_20190209_134404

IMG_20190209_135120

IMG_20190209_152654


肝心の料理について・・・

見た目は素晴らしかったんだけど、肝心な主菜の牛肉と鮭が生臭く、とても食べられたもんではなかった。
他の野菜などはとても美味しかったんだけどもな〜。

話のネタには十分だが、ちょっと残念だった、という話。