最近、やけにエアブラシの調子が悪く、時折ざらついたりするんで、最初はエアブラシのハンドピースのせいかと思ってしっかりと分解洗浄したりしてみたが結果は同じ。

また、原因は不明なんだけどエア圧が以前に比べて低くなったような気がする?が、圧力ゲージも無いし、比べるコンプレッサーが無いのでなんとも言えないが、きっとそう。

考えれば考えるほど、顔に当てた感じのエアーは緩いし、命一杯吹いてもざらつくのもはエア圧が足りないから!!

まず、ホースが水抜き含め、2M以上と長いため、もしかするとどこか詰まっているかも?とホースを最小にしても結果は同じ。
じゃあ、ネットのL5故障情報を見てみるが、メンテナンスできるのは「エアフィルター」だけで、他はノーメンテナンスで、みんな10年以上も使っているとい言う。

我が家のは2012年の年末に購入しているのでちょうど7年。年に数台のプラモ作るだけのペーパーモデラーなのに・・・外れをつかんだようだ。

一応エアフィルター見てみたけど、塗装ブースとは別部屋の置いているため、汚れも殆ど無いし、スポンジも柔ら課問題ない。

では、クレオスの修理受付ページを見てみるとエアブラシは2,500円でオーバーホールと書いてある。

また、料金は戻ってきたときの着払いだ。

「コンプレッサーも4,000円〜5,000円くらいでオーバーホールしてくれるんだろうな」

と思い、取りあえず元払いで郵送してみた。

2日後、クレオスの修理係から電話。

「原因は不明なのですが、調子悪いのでメーカーに修理に出すと数万掛かるんで修理しない方が良いですよ?」

意味不明の回答だ。

客からするとクレオスがメーカーで私はメーカーに修理を出したつもりだった。
良く聞いてみると、クレオスの修理受付はコンプレッサーの点検すら出来ないという。なので原因も分からないし、見積も無理。

メーカーに出した時点で数万掛かり、販売価格を上回る事は必至のため、修理はしないという。

ちなみにホームページにはこの様な記述

コンプレッサー

弊社でお預かりしたコンプレッサーを、製造工場に送り点検・修理を行います。
修理費用は、修理が必要な箇所によって異なりますので、点検が完了次第、ご連絡をメールにて致します。

修理品をお送り頂く際は下記URLよりフォームを印刷頂き、必要事項をご記入の上、修理品とご同封下さい。

※コンプレッサーの破損状況によっては、修理が不可能な場合もございます。
※直接ご来社されての修理依頼はお受けしておりません。


なんとなく、圧力が上がらないのが修理不能な破損状況だとは思わなかった。

消耗品の交換も無いのか?だったら「修理します」なんホームページで書かなければ良いのに!郵送代を損しただけだった。

残念!

ちょっと自分で分解してみるかな?