「NHKプラス」をAmazon Fire TV(Stick)で見る「NHKプラス」をAmazon Fire TV(Stick)で見る(続き)

2020年03月21日

ホタルイカ大漁!!!

私が富山の春の風物詩でもあるホタルイカ採取を初めて約10年。これまでもホタルイカをクーラーボックスへ満タンというのは何度か体験してきたが、今回はその中でも「最大の湧き」だったし、採取量も最大だった。

その日の行動を順を追って整理してみた。

夕方19:00頃、天気予報を見てみると21:00頃から小雨の予報ではあるが、それはさておき、24:00頃からの風が10M以上の予報と少々厳しい条件だ。

それでも風以外の条件はとても良いかと思われる為、せっかくの週末だしホタルイカ自体は豊漁だというので一部の期待を残して強行する事に。

21:00頃、富山のホームグラウンドに到着するも人はまばらで、ホタルイカが来ている様子は無い。

車を降り、外に出て実際に海を見てみると、風も殆ど無く、雨も降っていない、それどころか一面に星が綺麗に見える。ただ、気になるのが能登半島方向に時折きらめく雷光だ。アレがこっちに来たら強制終了だ。

本日はここでやることに決め、殆ど人もいない為好きに釣り座を構え、投光器を設置し、まだ来そうに無い為、一旦車に戻る。
22:00頃になるともするとパラパラと人はやって来るがまだ隣とは10M程離れており、まばらだ。

よく見るとタモを構えている人が居る。バケツの中を覗きに行くと皆のバケツには仲良く1尾ずつ入っている。
それでは!という事で私も本日のパートナー二人(妻・息子)に声を掛け、海の様子を観察し始めるとポツポツとホタルイカが!!

その後もポツポツやって来ては〜居なくなりを繰り返し、少しずつ掬い、湧き始めるのを期待して待つとちょうど23:00頃だった。

しかし!
それまでは気にならなかった風が、1分もしないうちに突然の強風になり、道具も飛ばされ初め、海面も風で波立っているため、これは無理と判断し、泣く泣く撤収。

それでもポツポツ掬えたので30尾程度のお土産は出来た為、一回分の食事になるから由としようと帰路についた。

ただ、今日は同行者2人居る為、ちょっと悪あがきをしてみようと、富山からの帰りの高速を糸魚川で降り、姫川港を覗いてみることにした、それがちょうど24:00頃。

高速を降りるも強風はそのままで雨も結構降っている、港に向かうとそれなりの雨風の中、タモを動かしているのが見えた為、我々も空いている場所を探して(いつも大混雑だが、さすがにこの天気では人もまばらだった)釣り座を構える。

雨は想定内だった為、準備していたカッパを来てポツポツ投光器に集まるホタルイカを掬い始める。最初はほんのポツポツだったのが、そのホタルイカの数がみるみると増えてゆき、まさにまさに、湧いてる!!状態になった。

それがちょうど25:30頃だったろうか。
IMG_20200320_013805

良い写真が撮れなかったが、時間に寄っては実際はこの倍以上集まっていたと思う。
最初、掬ったホタルイカは3L程度のバケツに入れていたのを今度は21Lのクーラーボックスへ移し始め、それも一杯になったため、今回、釣り関係で初めて準備してきた54Lのキャンプ用のクーラーボックス。
IMG_20200319_231217

今回は3人で来ていたため、これだけ採ることが出来たが、腰に「爆弾」のある私では、一人では途中で挫折していたかもしれない。それどころかぎっくり腰で動けなくなっていたかも?

その為、今回の私は「タモ」を握っていない。同行者二人に掬わせ、私は網からイカバケツに移す作業を専門として、分業制を布いていた。

54Lのクーラーボックスも一杯になった、26:00頃。まだまだ湧いてくるんだが、後ろ髪を引かれつつも、撤収。だって75Lも採ったんだもの、これ以上は処分できないと思う。

時間も時間だし、仮眠して帰ろうかと思っていたのだが、爆釣の興奮が冷めず、そのまま帰宅到着したらもう4:00。

クーラーボックスへ氷だけ追加してそのまま就寝。

・・・・・・・・・

翌朝、改めて掬ったホタルイカ75Lの破壊力は凄まじい。

IMG_20200320_075703

これらは近所中に配り、自宅用も冷凍、ボイル、干物とを作成し、してなんとか処分した。
2020-03-20-18-32-54-379


後日、ネットでこんな写真を見つけた。0c306f3cfcd8b0eefe7d15e6f32465cf_1004727483
とある、砂浜の海岸の様子なんだが、鳥たちも食べきれないよな。

良い日に当たりました。こんなのを期待して通っちゃうんだよね〜



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



djebel125 at 18:19│Comments(0)釣り 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「NHKプラス」をAmazon Fire TV(Stick)で見る「NHKプラス」をAmazon Fire TV(Stick)で見る(続き)