GoogleMapの「ロケーション履歴(タイムライン)」機能食事処の「臭い」

2020年03月29日

再びホタルイカ

先週、何十kgも採ったのにまたか?と思ったが、ホタルイカが湧いている快感が忘れられず再び出掛けた。
今度はホタルイカ行きたいと言っていた友人を連れての遠征だ。

いつもの場所へ9:00頃到着。どうやら昨晩も湧いたようでこんな時間にも関わらず人で溢れている。平日の夜にもかかわらずだ。だって、まあ、天気予報が悪かったせいもあるが、先週末の同じ時間は殆ど人が居らず.、場所も選び放題だったのに、今回はギリギリセーフで投光器をセットする場所を確保する事が出来る様な状態だ。
1585229937481

天気も最高、風もよし、気温も暖かく、もちろん月齢も完璧。ちょっと条件が整いすぎているのだが、先週はポツポツ来だした(暴風で中止だが)23時になっても全く寄ってこない事を先週の爆釣に強運を使ってしまい、「今日は取れないかも?」と心配しながら待つ、ただ、ひたすら待つ。
昼間は信州でも20℃程度まで上がりポカポカの春陽気だったが、天気が良いせいか日が落ちると同時にだんだんと寒くなり、不要と思われた追加の防寒着を着込み待つ。

私以外の二人は順番に2時間程度の仮眠を取ってもらい、待つ事5時間のちょうど2:00頃。

それまでの5時間は、まわりを巡回しても全く釣果の見られなかったが、1匹、さらに1匹とゆっくりで有るが、少しずつホタルイカ寄って来だした。まわりを見渡してみると同様の様子だ。

電話で寝ている友人を起こし「ここまで待ったんだ、お願いだから、これで終わるなよ」と祈りつつ掬っていると次第に小さな群がやって来るように。先週よりもペースは鈍いが、コンスタントに群はやって来る。

序盤、タモ使いに慣れない友人がタモの柄を追ってしまうというアクシデントもあったが、ホタルイカの群が来なくなってきた4:00迄に約30L程度の釣果となった。日の出までしばらくあるからホタルイカはまだ来るかもしれないが、さすがに疲れたんで納竿(網)とする。

IMG_20200327_060115
約30Lの釣果

結果、3本中、2本のタモが折れ、全てのタモ長が4M程と短くなってしまい、届かなく、悔しい思いをずいぶんとした為、十分な長さのタモがあればもう少し楽に取れただろう。

※もちろん、同行した友人には半分以上、たっぷりとホタルイカを持ち帰ってもらいました。


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



djebel125 at 18:03│Comments(0)釣り 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
GoogleMapの「ロケーション履歴(タイムライン)」機能食事処の「臭い」