寸胴鍋(ステンレス)一輪車の修理

2020年05月05日

噴霧器の修理

田舎では大抵周りが各種畑に囲まれているため、強力な除草剤を蒔いたりは出来ない。しかし、タンポポやギシギシ等のしつこい雑草にはラウンドアップを利用する。

ラウンドアップを蒔く噴霧器が昨年辺りから樹脂部分で漏れが発生していた。
樹脂部分が劣化、もしくは圧力掛けすぎで部分的に割れて漏れているらしい。昨年割れてると思われる部分を半田ごてで溶かして溶着したつもりだったのだが、やはり上手くいかず、漏れは止まらない。

先日ホームセンターで買い物をしてる最中に、目に付いたのがちょうど同じタイプの噴霧器だった。
「買い替えるか」と思い、周りを見渡してみると同じ噴霧器でも色々と種類がありその脇には同噴霧器のパーツが用意されて居るでは無いか!
自宅の噴霧器と同等のタイプを購入すると3000円んほどするのだが、割れた樹脂部分とパッキンセットを購入しても600円程度で賄える。早速購入して修理してみた。
IMG_20200504_134719

どうやら「工進」ってメーカーの「HS251BT」という噴霧器だったらしい。
これのパッキンセットと噴霧コントロールする樹脂部品。
IMG_20200504_135447
パッキンは他のタイプと共通の様でかなり沢山入っていたが交換できたのはこれら。

交換後は除草剤の漏れも無く、快適に利用出来る様になった。こうやってアフターパーツが出ている商品は良いね!!


djebel125 at 18:02│Comments(0)外構・ガーデン 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
寸胴鍋(ステンレス)一輪車の修理