信州人の趣味と雑談

三河生まれだが、もう信州暮らしの方がずっと長くなってしまったサラリーマンがのらりくらりと綴る日々生活の与太話

ガレージを建てる

作業台を作る-その3

作業台はできあがったんだけれども、何だかこれじゃあダメな気がする。

何がダメかって言うと、このままじゃあ、長物の切断は出来ない。
と言うことでソーホースを一脚作成。

これで2x4の角材もソーホースと作業台に掛けて切断することが出来る。もちろん、高さは作業台に合わせた。

ソーホース本当はもう一脚作りたかったけれども、今回はここまで。

作業台を作る-その2

さて、作るとなったら早速準備。

ホームセンターに行き2x4を数本と、1x4を数本買う。ただし、長さは6feet物。12feetに比べて6feetは歩留まりが悪いのでもったいないのだが、今日は軽トラが無かったので仕方がない

図面はさっき適当に描いたので早速材料をカットして組み立てる。

作業台骨組み2x4でこんな骨組みを作り・・・






出来上がり1x4で天板を作れば、はい!出来上がり。

実際には切断始めてから2時間くらい掛かりました




ちなみにサイズはWxDxH=900x600x700

まずかった点:

足の間隔が縦方向(天板の縦方向)がちょっと狭く、端に体重を掛けると台が傾くことがある。
もっと広げて作るべきでした。足下加工しようかな〜

作業台を作る

本当はガレージの棚を作る前にこっちを作るべきでしたが、後の祭り。

ガレージ棚作りではいろいろ無理な体勢での作業が多く、腰を痛めてしまいました。と言うことで次回からもっとスムーズな作業が出来るように作業台作り。

さて、作業台ってどんなサイズを作れば良いのかよく解らないのでネットでいろいろ調べてみた。

1) 手ノコ用の作業台
 これはノコを引くための台で高さは400〜500mmと低めに作られている。

2) 丸ノコ作業台
 丸ノコを作業台の下に天地反対で取り付けテーブルソーのようにして使う物。

3) 一般の作業台
 600〜700mmのちょうど力が入る程度の高さで汎用的な台

4) 「ソーホース」と呼ばれる物
 これはいわゆる「馬」で(海外でも馬って言うところが可笑しい)2脚セットで利用し、馬の上にコンパネを置いたりすればテーブルにもなる、なんとなく有ると便利そう

さて、私は汎用的なテーブルが欲しかったんで3)の一般的な作業台に取り組む
主な用途は丸ノコ用だろう。

面積は3feet x 2feetくらいかな、これは2x4の規格の為。


ガレージに棚を作る3

棚は丸2日で完成させた。

当初は棚板を1段目と2段目に全て作るつもりだったが、使い勝手などを考えた結果、西側へ2段、北側に3段の棚を備え付けた形で終了。

できあがってみて、良かったこと。

・奥行きを700mm程度にしたのは正解。わざわざ900mmの合板を縦に切った甲斐がありました。これ以上の奥行きがあるとガレージが狭くなるし、奥の物は取りづらいでしょう。使うにもちょうど良い奥行きでした。

・2段目、3段目の棚の一部に棚板を張らなかったのも正解。こうしておくと3段目の棚に荷物を出し入れする時に、1段目を足場に出来るのでは脚立無くとも安全。


ただ、反省点として以下のことが上げられる。

・合板には裏表がある?片側に非常に節が多く、裏にはあんまり無いことが後で判明。節が多いと思われる面が表となって施工されてしまった。

・柱を立てるときに垂直を上手く出さなかったのが原因か、2段目、3段目の棚迄行くと微妙に歪んできている。

・柱はカンナ掛けすべきでした。ちょっと汚いのは解っていたのですが、やっぱり綺麗が良いです。

でも、全体的に良くできました。
棚全景





間接はこんな感じで

ガレージに棚を作る2

材料調達

ホームセンターで以下の材を購入
F4の構造用合板 を 6枚
SPFの2x4x12feet を 12本
70mm角の杉材 を 4本

合板はガレージであるが一応健康に気を遣って4スターを利用した。柱に張るべき部材には本当は100mm角くらいの物を考えていたがちょっと値段も高かったのと実物は70mm角でも強度は十分だろうと変更。

あと、本ブログでも紹介した優れもののリーマ付きドリルビスはホームセンターの在庫が全然無いので専門店にて購入。
その他 etc.

刻みの作業

柱に2x4を打ち付けるだけでも問題無さそうだが、ちょっとでも丈夫に作るために、柱に刻みを入れて2x4を組み込むことにした。100mm角の柱ならば2x4の厚み38mm刻んで面一に出来るのだろうが、70mmで38mmも刻んじゃうとまずそうなので20mm程度にしておいた。

初めての刻みにしてはなかなか良くできたのではないだろうか。

棚刻む

ガレージに棚を作る1


棚を作るにしても作り方で色々出来るのでおおざっぱに2つ考えた

1) 簡易版方法として2x4材とコンパネのみで作ってしまう。
 この方法で考えたのはコンパネは切らない、しかも棚をガレージに固定しなく、自立する形だ。
長所:とにかく楽。サイズに合わせる必要が無く、作成の自由度が大きい。
欠点:何となくかっこわるい。ガレージと棚の間にデッドスペースがどうしても出来る。

2) もう一つはガレージの鉄骨を棚の一部に組んで作成
 棚の壁側は鉄骨に打ち込んで固定。逆は強度を心配して2〜3寸の柱を利用
長所短所は上記の反対になります。

結局はなるべくガレージに余裕を持たせるように作りたいのと、自分の腕を試したいこと等から、敢えて面倒な2)の方法を選んだ。
まずは図面

フリーソフトの高性能CAD(JW-CAD)を初めて使って作成してみた。
家の建設の時にマイホームデザイナーを使ったけれども、こっちはもっとまじめなCAD。最初は良く使い方が解らなかったけれども、使い方を覚えてゆくと良くできたCADなのがよく分かる。

初めてなのでとりあえずはこんな感じで良しとする。

棚図面







棚を設置するのはここの角に作成予定。上記「L」の時の棚板を4段作成予定だがひとまず2段のみ作業に取りかかる。
棚はここへ作る

なんとか完成?

aaf2c877.jpg ガレージがなんとか完成・・・?した 。

一応屋根が付いて、シャッターが付いて、窓が・・・?壁が・・・? う〜ん、壁はどうにも先方の都合でしばらく出来そうにないので、DIYでブルーシートでガレージを囲っておいた(-_-;)
 大きなブルーシートを用意すること数枚。脚立を持って来て、ビニルヒモを用意してさて、作業開始。1時間もするとかっこよく仕上がった。

当面はこのままのガレージですごすことになりそうだ、別に車を入れておくだけだし、この中で寝る訳じゃないし、窓も付いてないし、ドアも付いてない。 シャッターも有るけれども、電源が来ていないので動作不能。

雪と雨が凌げれば良いんだ・・・・。

きっとこのまま冬を過ごすことになりそうだ、もしかしたら来冬までこのままかも知れないな、まあいいか。

棟上げ

cd218cdb.jpg基礎のコンクリが乾いたところで鉄骨を組んでの棟上げだ。

聞いてみると1日でやっちゃうらしい。ちょうど大安に併せてやってくれると言うことで休みも重なり様子を見させて貰った。

見ていると工場で加工してきた鉄骨をクレーン持ち上げて、何とも大がかりな模型を作成しているかのようだった。 でも絶対に、人間の手だけでは出来ない。 現場で合わせて組んでいると部分的に、計算違いがあったのか?長さが合わないところが有ったらしく、翌日も残作業をしていた。

屋根も取り付けて貰ったが、ガレージの北側の屋根は家の本体と接触するほどまで寄せてあった。屋根トタンを切断するのももったいないので、ぎりぎりまで残しておいてくれたらしい。 別に切断はいつでも出来るもんね。

ガレージ基礎

ある日仕事から帰ってくると、すっきりポールの移動は終わっていた。

確か朝は移動していなかったんだけれどもな〜。
後で聞いてみると結構大変だったらしい。すっきりポールに配管されているのは、主電線、NTT電話線、有線電話線、TVアンテナ x 3本、だもんな。 これらを切断しないようにそっと掘り出して、ポールを持ち上げて、ズリズリと、移動したらしい。
しかも移動を始めたら電線が足りないのに気が付いて急いで元に戻して、再度仕切直しもしたらしく、電気屋さんと基礎屋さんに「見た目よりも大変だったんだぞ〜」って言われちゃった(^_^;) ポールの移動が出来れば早速基礎に取りかかります。

車庫を作成する土地は前後で1Mくらいの傾斜が付いている(前低後高)ので基礎を1M位にし、土留めを兼ねることにした。 まだ写真の状態では底しかコンクリトで固めていないが、鉄骨を建てた後に鉄骨毎くるんで基礎兼土留めにします。

 もう、この写真の方向からは2度と家を拝めなくなるんだな〜。広々してて良かったのに、ちょっと残念。・・・暗くて見えないけれども。880b94fa.jpg

ガレージも欲しい

さて、そろそろ信州には冬がやってきちゃう。

4月に新居への引越をして雪が降る前に何とか車庫を造るのが一応当初からの計画だったので、そろそろ本格的にお願いしなければならいと思い、取りかかった。
 取りかかったって行っても自分で建てられるわけもなく業者にお願いするんだが。

まず最初に考えるのがどこへお願いするか?なんだけれども、内を建てた工務店にお願いしても良いが、なんだかんだでちょっと高くなっちゃう。 別に見知らぬ工務店じゃないんでボラれるなんて事も決して無いし、仕事もちゃんとやるので良いんだが、出来るだけ安くしたいもんな。
なので、知り合いの基礎屋さんと、鉄骨屋さん、電気屋さん、サッシ屋、トタン屋にお願いして建てることに。
 田舎ってのは良いもんだとつくづく感じた・・・・近所の知り合いだけで家建っちゃうもの・・・すごいよ。

 ところで、4人家族の家の乗り物のタイヤを数えてみると全部で23輪も有る。 ・・・内訳は車2台、バイク2台と、自転車5台、一輪車1台か。 出来ることならこれらを全部入れる事が出来る車庫が欲しかったが、さすがに無理(-_-;) 仕方がないので最小限の大きさで、車が2台停めることが出来る広さを検討する。
とはいえ、現時点では車庫の他に倉庫を持っているわけではないのでタイヤや、その他農具や、釣り道具や、アウトドア用品も仕舞いたい。

 そんなことを考えながら車庫の大きさを適当に決めて、工事スタート。 と思ったら大きな問題が出ちゃった(*_*)

すっきりポールが邪魔で車庫が建たない!!

bc6c2243.jpg






家の西側に建てることも出来るんだが、ベストな東側に立てようとするとどうしても邪魔!!それも5Mくらい邪魔!!

どう考えても移動するしか方法が無いので、我が家のガレージ建設はまずはこの移動から始まった。

井戸が有るんだけれども・・・

車庫を造るところには井戸があった。

「有った」ということは過去形で、現在は井戸は埋めてしまったんだ。本当は井戸を残しておくつもりだったけれども、近くの長老曰く「井戸の上を踏んじゃいけない」と。
 我が家の井戸はガレージを建てるとちょうど入り口辺りでどうしても井戸をまたがないと車の出来るが出来ない。
でもせっかくなので井戸はそのままで使えるように蓋をしておこうと思ったんだけれども、先の言葉であえなく撃沈というわけなんだ。 井戸にポンプを入れて水やりとか洗車とかしようと思ったのに・・・残念だ。 長老の言うことは聞かなくちゃね。650f9124.jpg
ブログ内google

www 全体を検索
本ブログ内を検索
過去の記事
メンテナンス用
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ