信州人の趣味と雑談

三河生まれだが、もう信州暮らしの方がずっと長くなってしまったサラリーマンがのらりくらりと綴る日々生活の与太話

家電・PC

怪しい中華リモコン(エアコン用)

テレビの学習リモコンを探していた際に見つけた、こんなリモコンをまさに衝動買いしてみた。

中華リモコン 「K-1028E」

中華リモコン

なんと189円(国際郵便送料込み)の学習リモコンだ。学習というよりはプリセット汎用リモコンだろうか。100種類のエアコンのリモコンがプリセットされているらしい。

さて、注文したのは一月ほど前なのだが、忘れた頃に中国から国際郵便で届く。
IMG_20180626_211315

もちろん手順書は英語onlyなのだが、絵がついているので簡単な英語と一緒に読み込めば、だいたい分かる。中国語だとお手上げだ。

まずは時刻合わせ。
IMG_20180626_211336


「CLOCK」ボタンを長押し後、温度の上下キーで時刻を合わせて、もう一度「CLOCK」ボタンで完了だ。

IMG_20180626_211322


あとは、エアコンのプリセットから自分家のエアコンに該当する番号を選べばよい。
マニュアルによるとA−Dまであるらしいのだが、「D」が見当たらないのは愛嬌だ。

「B」の手動設定(Manually input code)が簡単そうだ。

まず、「Set」ボタンを長押し、温度の上下キーでプリセット番号を選ぶのだ。
私のエアコンは東芝なので、プリセット表を見てみると
BlogPaint

「TOSHIBA 630−639」とある為、まずは630番にセット
その状態で、もう一度「Set」を押下すると、リモコンサーチが始まるらしい。番号をカウントアップしつつ、同時に電源On / Off 信号を発信しているらしい。
なので、エアコンに向けてこの操作をしていると、私のエアコンは636で、エアコンが切れた。

もう一度温度上下ボタンで636番に合わせて今度は「OK」ボタンで決定。

細かい操作方法はわからないが、ひとまず最低限の操作がこのリモコンで一通りのそうだができるようだ。

なかなか使えそうなリモコンだ、189円(国際郵便送料込み)が信じられない。

Amazonにて販売

ドライブレコーダー修理

各種マイカーに安いドライブレコーダーを購入して取り付けております。
初めて購入したドライブレコーダーというのがバッテリーが最初から弱っており、しばらく車に乗らないと時計がリセットされてしまっていた。

まあ、時計のリセットくらい問題ないと思っていたんですが、こないだ何気なくレコードされたデータを見て見ると、なんだか古いデータばかりで何やらおかしい。

データを削除しようとしても削除も出来ず。フォーマットも出来ず、要するにSDカードが書き込めなくなっていたという事だ。

実はこれで2回めとなるSDカードの故障。カードの問題かと思っていたんだけど、そうじゃなくて、ドライブレコーダーのバッテリが無い為、車からの電源供給が途絶えた瞬間にSDカードの書き込み途中で瞬断される事によって発生するエラーではないかと・・・。

このまま捨ててしまうのももったいない!という事で、ドライブレコーダーのバッテリー交換にチャレンジ。

IMG_20180608_212436

とりあえず何もわからないまま蓋を開けてみる。ボタン電池でも入っているのかと思えばそうじゃなくてきちんとリチウムバッテリーが使われているようだ。
IMG_20180608_212428

印字された文字もよく読めず、詳細はよくわからないけど、おそらくこんなのは共通なので3.7Vのバッテリーを探せばいいんだろうとAmazonで探してみる。

出てくるのはドローンのバッテリの様子
いろんなサイズが有るようだけど、目測でこの中に入りそうなサイズのものを探して注文。
送料込み、550円なり。

IMG_20180608_212513


多分これで行けるだろう。ただ、気をつ受けなければならないのが、過充電保護機能は付いていないとまずいだろう。

安物のレコーダーに乗っていたバッテリにもちょっとした基盤が付いている為、それがそうなんだと思う。

兎にも角にも取り付けて見るとこんな感じ。

IMG_20180608_215443

ちょっと出っ張っているようにも見える・・・カバーをつけてみるも浮いてしまって失敗。

入るように、ガリガリと削ってみる。穴を開けてもいい覚悟で削ったが、なんとか表面に穴は開けずに収めることが出来た。
IMG_20180608_215433


もちろん、正常に動作するようになりました。


EPSON複合機のスキャナが突然使えなくなった

タイトルの通り、使えなくなってしまったのは先日まで快調に使えていた我が家の複合機「EPSON-PX-049A」という廉価版の激安複合機だ。

パソコン側にてスキャンソフト(Epson Scan)を起動しようとすると「スキャナーとの正常な通信ができません・・・・・・」とのメッセージが出て、その後スキャナを検索する画面が出てきて再設定するのですが、どうしてもスキャナが見つからず出来ません。
20161025121849

しかし、印刷に関しては通常にできるので、スキャンソフトを再インストールしてみたり色々としてみましたが、すべてだめ。

もう一台のパソコンにもスキャンソフトがインストールされているんで試してみたんですがヤッパだめ。こうなるとたいてい悪いのは複合機側とう話になるのが一般的なんだよな。

なので、5k円程度の複合機なんで、このまま処分しようかとも思ったけれど、印刷は2台のパソコンは共に出来る為、やはり怪しいのは先日大型アップデートが行われたWindows10と疑ってみた。

セキュリティ関連が強化されたおかげで、見つけられないんじゃないだろうか?・・・と。


まあ、結論から言うとまさにそのとおりでネット上の情報で判明したんだけど、原因は「ネットワークのパスワード保護共有機能」というのが問題だったらしい。

詳しくはわからないけれども、この「ネットワークのパスワード保護共有機能」というのは「Guestアカウントに共有を許可してよいか?」という様な機能らしい。
スキャンの機能は当然パソコン内にデータを保存するわけなので、その機能に引っかかったらしい。

具体的には「ネットワークの共有センター」→「共有の詳細設定」→「パスワード保護共有」で
「パスワード保護機能の無効にする」
で解決した。

EPSONスキャナ


ちなみに、本件について原因を検索している最中見つけたEPSONの公式のよくある質問に対する解答です。

EPSON Scanが使用できない場合の対処方法(Windows)

アップデートに度に、気まぐれで重要な設定項目の値を勝手に変更してしまうマイクロソフトも大概いい加減にしてくれ!と思うんだけど、調べてみると結構前から困っている人が多く居るのに、EPSONもEPSONで、見当違いの解答してるんじゃないよ!!

と思ったのでありました。


本記事がスキャナが使えなくなって困っている人の手助になればと思っております。

キーワード:EPSON SCAN スキャナー 使えない 見つからない

Windows10の大型アップデート

最近、Windows10に大幅なアップデートが来て社内であるいは自宅で混乱が続いている。
自宅はいいとして、社内だよ。

基幹システムが旧に動かなくなった
WindowsdefenderSMIS起動しない

色々対応策を試みてなんとか復旧したんだが、こんなのが何度か続いている。ウイルスセキュリティのソフトもおかしな動きを始めた。

それもWidnowsのアップデート絡みだと思ってる。

だいたい、マイクロソフトの開発キットを用いてマイクロソフトWindows上で動かしているのになんでこんなことになるのか?
3rdパーティ製のコントロールも結構使っているがどれもMS公認のはず。

そんなソフトをはじき出したら日本中、世界中が混乱するのではないか?・・・・と思ったがそんなにニュースにならないな?うちの会社のソフトの作り方が悪いんのか?
と思ってしまう。

さらに、ノートパソコンの動きもおかしいな〜と思ったら「マウスパッド」を無効にしていたのに、いつの間にか、マウスパッドが有効になっており、そのせいで無意識のコピーや貼り付けできてしまった。

もう一度マウスパッドを止めておく。




また、随分前に機能を停止したはずの

「スタートメニュー上へおすすめアプリ表示」

が何故か復活。

スタートメニューに「見覚えのないゲームのアプリ」のアイコンが表示され、「おすすめ!!」って書いてある。
何やってんの?誰も使わないよ、だっって、会社のパソコンだし。

設定を見て見ると、案の定こんな状態。
win10大型アップデート

こんな邪魔な機能は停止してやる!とインストール直後に停止したはずにもかかわらず、気がついたら復活している。

ここまで来ると、ちょっと悪質だと思われる。

win10大型アップデート2

仕方がないのでもう一度、すべてオフ!!

これでいいだろう。

もう少し、落ち着くまではトラブル連続だろう。

自宅での電話発信は何使うのが正解?

自宅にいるときにお店や友達の携帯、あるいは固定、はたまた職場への電話をする際には固定電話を使ったほうが良いのか?それとも携帯電話を使ったほうが良いのか?

気にする事は有ったけど、結局調べないんでなんとなく、うろ覚えのママ、どこに掛けるにしても携帯電話を使ったほうが高そうな気がしていた為、自宅にいるときは面倒でなければ、固定電話を利用していた。

ただ、携帯い電話も各種「かけ放題」のサービスや無料通話分がある為、
「一体、どちらを使ったほうが安いのだろう?」
と疑問を持った。

んで、「適当に」、早速調べて見る
※横列が自宅で使う電話の種類で、縦が電話を掛ける相手
固定 携帯 IP(OCN)
固定(市内) 8.5円/3分 14円/0.5分 9円/3分
固定(〜20km) 20円/1.5分
固定(〜60km) 30円/1分
固定(60km〜) 40円/0.75分
Docomo 60円/3分 18円/3分
au 90円/3分
SoftBank 120円/3分

これでは価格が非常に見づらいので、全部1分あたりの料金に単位変更すると、

1分あたりの通話料金
固定 携帯 IP(OCN)
固定(市内) 2.8円 28円 3円
固定(〜20km) 13.8円
固定(〜60km) 30円
固定(60km〜) 53.3円
Docomo 20円 6円
au 30円
SoftBank 40円
こうしてわかったのは、固定電話からの発信で

長距離とドコモ以外へ発信は注意!

でした。
だけど、相手がドコモなのかはわかんないんですよね。

また、従量制の通話におけるIP電話の激安っぷりがよく分かる表だと思います。
そもそも、LINE通話等、無料の通話が有る現代にこういった通話料金の設定自体が意味を成さなくなっているとは思いますが、まだ利用されていますので、比べてみます。

さらに、他にもNTTコミュニケーションやKDDIの通話等、電話には色々と料金設定が有るし、さらに固定電話は深夜に一気に安くなる為、一言で、比較・表現すのはかなり難しいです。

現実とすると一般的に携帯電話の通話には「無料通話分」が付加されているか、そもそも「通話無料」です。
万が一の場合でも、現在の日本で一番高い料金設定でも「40円/分」ですの。
で、結論とすると、家の固定電話が有っても、基本は携帯で電話をかけるのが間違いないと思われます。


「固定電話を使うほうが安い」っていうのは既に伝説の話だったらしい


やれやれだな。

写真の仕分け方

デジカメスマホ時代になって写真の量が断然増えた。
これまでに何度か写真の管理方法の話は出ていたと思うんだけど、ここで再度おさらい。

現時点で私の管理方法は
・Amazon Photo
・Gogle Photo
に管理をさせているので、デジカメで撮影してPCに保存した写真も、スマホで撮影した写真も上記の2つのクラウドへ保存されている。

とはいえ、自身のPCの中の写真を整理しないとぐちゃぐちゃになってしまう。
そりゃそうだ。

色々と写真整理する高機能フリーソフトはたくさんあるが、私がやりたいのはフォルダに分けたいだけ、高機能な仕分けや検索機能はGoogle PhotoやAmazonPhotoがやってくれるから不要。

そう思いながら事アル毎に(パソコンの再インストール等)に写真操作ソフトをいくつも探して、色々試しているが、結局ここ10年くらいズットおんなじソフトを使っている。それは・・・

仕分けちゃん

仕分けちゃん


このソフトの何がいいっていうと、出来ることが単純なんだけど、その「単純に特化」している事。
その単純な作業は「写真を任意のフォルダに仕分ける」です。

例えばフォルダをこの様に仕分けたいとします。
撮影写真フォルダ


「年ごとにフォルダを作成して、さらにその中に行方不明にならないように年月日のフォルダを作成して写真を日付毎に管理する」

私の管理方法ですが、この場合、「仕分けちゃん」の設定は
保存先フォルダを

「D:¥Pictures¥撮影写真¥<yyyy>¥<yyyy><mm><dd>」

の様に指定してやると勝手に存在しないフォルダを作成しながら仕分けしてくれる。

たった、これだけの機能なんだが私が欲しい機能であり、他の機能は不要なんだ。でも、似たソフトを探すも同様の機能を持ったソフトは一向に現れる気配はない。

唯一このソフトの弱点というか不具合と思えるのですが、写真の量が多いとフリーズしてしまうことが有ります。あと、コピーの速度が若干遅い様な気もします。

というようなデメリットもアリますが、どうやらずっとこのソフトを使わないといけないような気がします。


という事で備忘録として綴りました。

※ちなみに、「Amazon Photo」や「Google Photo」にアップロードしているんだから、

「管理はそちらでいいじゃない!必要なときにダウンロードすれば写真見られるでしょ?」

と思うかもしれませんが、そうしたいのですが、いまいち不安があります。

実は、これらのクラウドサービスに一度アップロードした写真は微妙に加工されていることが有ります。Googleであれば、デフォルトではリサイズをしているし、Amazonに至ってはアップロードした写真をダウンロードすると撮影日時が更新されてしまったりと、UploadとDawnloadを繰り返すうちに、特に「Exif(Exchangeable image file format )」に関する部分の情報が書き換わる可能性が有るため、オリジナルの写真データはどうしても保存しておく必要があると思われます。
リサイズされないように、あるいは更新されないようにする方法も現時点有りますが、今後どうなるか解らない為、不安です。

そもそも、ほぼ無料サービスなので、あてに出来ませんね。

という事でこういったソフトがいまだに重宝するわけです。

実はこのソフトの作者の「だいしん/daisin」さんはメールアドレスの記載もないし、HPも見つからない。どっかでこの記事を見て、ソフトの更新してくれないかな〜と期待しております。


みんながスマホを購入する季節

この年度末の3月は学校を卒業して高校に進んだり、社会人になったりとする時期で、特に高校進学の子どもたちには「初めてのスマホ」が与えられる時期となります。

統計情報によると中学校のスマホ保有率はどうやら50%程度も有るようです。
これは都会の情報だと思われるので私の住んでる田舎だとどうだか解りませんが、どうやら中学校の何割かは子供たちも密かにスマホを持っていた様な感じです。

家もちょうど次男が中学卒業の時期でスマホを持たせます。
これまでは夫婦と長男だけだったんだが、これで家族4人全員が持つこととなる。みんな承知かとは思うんだけど、下手に大キャリアで言われるがままに契約すると、知らぬ間に大げさな契約をさせられることが有る。

私の友人の実話なんだが、あるときにスマホの料金の話になって、そいつの口から発せられた衝撃の金額、25,000円/月
もちろん1人分でだ。すぐさまスマホを借りて契約内容を見て見る、アルはアルはどうでもいいサービスの積み重ね。
言われるがままに契約をして、それが普通だと思って毎月支払っていたという大馬鹿者がいたのは事実

そんな3大キャリアの殿様商売が気に入らない為、アンチ大キャリアの私の場合。

自分では安く使えていると思っているんだけど、改めて計算をしてみると実は、大キャリア利用より多く支払っていたなんて馬鹿らしいので、ここで我が家のモバイル機器の契約のおさらい。

今は3人それぞれ別な契約をいくつかしておりこんな感じ
キャリア 長男
OCN 基本料(110M/day) - - 2,000-
ドコモ 基本料(タイプS/タイプM) 1,500- 2,500- -
iモード 300- 300- -
パケホーダイ - 400- -
Freetel 利用料(3G) 1,000- - -
合計 8,000円/月
※ざっくりと(数百円は誤差有)

内訳

私・・・通話少ない、DSDSスマホ利用、通信はFreetel(3Gb/month)
妻・・・通話多い、ガラケー
長男・・通話少ない、スマホ(110Mb/day)

今現在、妻がガラケーでデータ通信を利用しない代わり、誰よりも通話するのでこんな契約に有っている。


今後の契約として、ここへ次男と妻のスマホが加わる代わりに、私と妻がドコモのアドレスをようやく処分できそうな為、iモード契約を見直し、各種シュミレートするとこんな感じ。

キャリア 長男 次男
OCN 基本料(10Gb/month) - - 3,500- -
シェアSIM利用料 400- 400- - 1,100-
ドコモ 基本料(タイプS/カケホーダイ) 1,500- 2,700- - -
iモード 300- - - -
合計 9,900円/月

これで、どんな利用ができるのかと言うと

・ OCN の 10G /monthを4人で分け合う
・ 私と妻のスマホは「ドコモ通話」と「OCN通信」の2枚SIMでデュアルアクティブ
・ 妻はカケホーダイ
・ 私は通話は少ない為「タイプS」契約(何故かimode契約とセット)
・ 長男次男は通話はほとんど利用しない(20円/0.5min)

結局どこのキャリアでもカケホーダイプランは変わらないみたいなので、「脱ドコモ」は出来ていないが、4月〜こんな契約にする予定。
なんのストレスなく使えるはずだ。


※10G/monthで足りない場合は20Gにすると+1,850円

※3大キャリアの契約も家族が増えるほどお得になるそうだが、正直HPとかを見ても契約内容が複雑過ぎてシミュレート出来ません。

おそらく3大キャリアで4人家族で利用した場合でも2万円前後支払っていると思うんだ。(もちろんカケホーダイの有無なんかが大きく影響してくるが...)
近所の人や仕事関係の人達との話の中で、年に数回こんな話になって、相談は受けるんだけど、簡単な説明をしても、「よくわからないから・・・」と及び腰。

まあ、いいんだけどね。

「スマート・ガレージシャッター」その後

先日、我が家のガレージシャッターを「スマート」にした。

これは「SonOff」のWiFiスイッチと「IFTTT」の「Location」トリガーを利用するわけだが、このトリガーの反応が微妙だった。

「Location」トリガーはGooglemap上の「ある範囲」を指定するわけなのだが、自宅周辺の半径2km程度の円を描いた範囲を指定しても反応しないことが度々発生してしまう。
白根山
こんな風に自宅周辺を指定するわけなんだが・・・。

ところが、会社周辺の半径1kmへ到着した際に発生させる別のアプレットを作成してみると、こちらのトリガーは間違いなく起動される様だ。
自宅と会社の違いといえば、田舎と街の差じゃないかと思われる。
これらのことから想像するに、おそらく、田舎すぎてスマホが電波基地を掴む頻度が少なく、あるいは弱く、GPS情報をIFTTTに受け渡しできないんではないだろうか?と思われる。

という事なので、5kmくらい離れた家がたくさんある辺りまで地図範囲を広げると正確に動作をし始める。
なので、自宅到着の10分位前にシャッターが開いていることになることも多いが、まあ目的は果たせているので、もう少し様子を見てみようと思う。


いろんな便利なことが出来、使い方では万能な「Locationトリガー」なんだが、仕組みがイマイチわからない。


PX-049Aのセットアップ

もう、昨年末の話になるんだけど、苦労したので、備忘録。
年末の年賀状印刷に「PX-049A」を購入した。我が家は消耗品が高く、インクも詰まり定命が短いインクジェットを止めて、レーザープリンタにしたはずなのになぜまたインクジェットを購入したのか?

それはレーザーでは「はがき印刷がどうしても上手く出来ないから」
昨年、一昨年と2年ほど年賀状作成にて、熱を加えて印刷するレーザープリンタの特徴の故ハガキが丸まってしまい、両面の印刷する場合に、2回めの印刷でハガキが全然吸い込んでくれずに悪戦苦闘したからである。

という事で、EPSONプリンタで純正以外のインクを使うと・・・の通り「PX-049A」を購入したんだけど、最低の機能しかない廉価版だけ有って、ごっそりと削ぎ落とされた機能の中には設定に関する部分も合った。

我が家のネットワークはIPアドレスはすべて固定されている。別に印刷できればDHCPで取得しても良いだろうと思うのだが、なんとなく気持ち悪いのですべて固定してる。

で、このプリンタもアドレスを固定しようと同封のマニュアルを見たが、それらしい設定の項目は無い。固定できないのかな?とも思ったがそんなはずはない、とネットで調べた結果Epson Net Configっっていうソフトをインストールすることによって、どうやら設定出来るらしい。

この方法は昔のインターフェースを持たない「プリントサーバー」の設定に有った方法だ、独自のプロトコルでプリントサーバーを見つけ、専用ソフトでアドレスを指定するというやり方。

アドレス指定に専用のソフトを導入するのがめんどくさいが、仕方がない。
Epson Net Configをダウンロードしてインストールし、実行してやると以下のようにスムーズに設定できた。

キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4
この時点で見つかったプリンタのアドレスはDHCPで振られた番号「192.168.1.102」
キャプチャ5

キャプチャ6
好きなアドレスを指定します。
キャプチャ7

無事にIPアドレスを固定することに成功。

これでスッキリしました。


スマートホーム(6)

スマートシャッターは出来たのですが、いかんせんシャッターが家の外なので、Wi-Fiが非常に弱いです。カーテンを締めたりすると届かなかったりすることもあるようです。
February 05, 2018 at 1117AM
Wi-Fiはかろうじてつながっている状態。
ということで、古いWi-Fiルーター(WHR-AMG54)を用いて、中継地点をガレージの中に作ろうとしたんだけども、何故だかうまく行きません。

LANケーブルを差し込んで設定を行い、ケーブルを抜いても設定画面に入れるので中継地としては設定完了したみたい。

では、と思って、スマホから(WHR-AMG54)へ繋げると「この接続はインターネットへ繋がっていません」と出てきちゃってなんだか、設定失敗している模様。


あれこれ試行錯誤してもどうにもならないのでバッファローのサポートへ連絡。
古い製品でMお以外と答えてくれるのがこういった日本メーカーの良いところ。

結論からすると中継機能で接続できる無線親機の組み合わせについて(旧製品)という話。

古い製品(ルーター)でも組み合わせが良ければ成功したようだけども、どうやら組み合わせが悪く、中継器として利用できないらしい。

残念、どうしようかな?

スマートホーム(5)

ようやく「スマートガレージ」(ガレージのIoT化?)を完成するのに部品が全部揃った。

おさらい

やりたい事
・スマホのGPSを用いて、自分が帰宅する頃にガレージのシャッターを自動で開く

必要な物(サービス)
・sonoffの4chスイッチ(開閉で2chで良いのですが、見つけられなかった)
4ch

・ガレージの4chスイッチまで届くWi-Fi
・IFTTT
・自分のスマホ
結局これだけです。

あとは少々の加工(以下参照)
IMG_20180120_083116
シャッターのスイッッチ回路
シャッター回線回路


一応、IFTTTの設定を簡単に説明しておくと、Thisには「Location」で自宅周辺を選び、「自宅周辺に入ったら」を選択します。
次にThatには「eWelink」で先のガレージに設置した4chスイッチを選び、channel1を「オン」にします。

これで自分が自宅周辺に帰ってくるとガレージのシャッターが自動で開くようになります。
IFTTTガレージ


こんな感じですね。

※出掛けにシャッターを閉じる場合は、ガレージを出た直後に普段のリモコンの操作範囲で閉じれば良いので実は不要だったりした。

また、せっかく「シャッターがスマートになった」んだから、音声で操作もしたいですよね。

IFTTTの「This」に「GoogleAssistant」でフレーズ「シャッターを開けて」に対して、「That」へ上記同様にeWelinkにてシャッターを開くように設定すれば、部屋の中から「音声で」シャッターの開け閉めが出来ます。

朝、玄関を出る前にシャッターを開けておけばガレージへの出入りが楽ですね。

こうして考えると、我が家やガレージ、子どもたちは、どんどんスマートになってゆきますが、私はますますダメ人間にになってゆくような気がします。

スマートホーム(番外)

今回の私の家のスマートホーム計画で「Sonoff」が出てくるんだけど、これ日本国内で売っていないタイプの奴も多いんで、中華サイトからの個人輸入品だ。

個人輸入って言ったって、「AliExpress」や「DealExtream」のオンラインショッピングで購入するだけ。昨今、これらのオンラインショッピングも「送料無料」だ。
なので、こんなのは
s-l1600

6US$くらいで購入できる。

アマゾンJPで見てみると1,400円くらいしてしまう。なぜなのかは不明、手数料だろうか?

まあ、値段は良いとして、なぜ日本メーカーで出せないのか?せめて代理店でもいいんだが、これだけ騒がれているのに、出ない、出せないというのは理由がよくわからない。
唯一LINEが「Clova」というスマートスピーカーを出しているが、現時点拡張性が薄く、これからというところ。ただ、唯一赤外線リモコン機能を持ているのだが、いかんせん中途半端で実用的でない。すでに出遅れた感じか。


IoT周りのインフラは全然整っていないのに、スマートスピーカーだけは「大フライング」で日本で発売しちゃったんだから仕方が無い。

で、どうなるのかというと、日本のメーカーも追従するしか無い。

おそらく、今後発売されるすべての家電製品には各社競ってスマートスピーカーに対応させて、「GoogleHome対応」「AmazonEcho対応」と書かざるを得ない状況に陥ってしまった。
これでも無視し続けれることが可能であればそれはそれで驚くが。

IoTなんて言われてしばらく経過するんだけど、結局「GoogleHome」、「AmazonEcho」が出てきても、日本の家電メーカーたちは何も対応品を出せない。準備も出来ていない様子。



それどころか、スマートスピーカーの「日本語対応版をを最初に出さなくちゃいけないのは日本の企業じゃないと行けないような気がするが、なぜ駄目だったのだろう?

私は「ATOK」を20年以上使い続けていた。しかし、最近のことなんだけど、AndroidのGoogle日本語音声入力が劇的に便利になっていることに気がついた。
スマホに向かって長文を話してみると、スラスラと日本語の文章に変換されてゆくのを見てみると「これぞAI!」と思ってしまう。


なるほど、アメリカ様が日本語音声入力を作れたのだから「ATOKにもっと優れた音声入力があるはずだ!だって、お金を払って使ってるんだぜ!」・・・・・・・・・と探してみたがそんな気配すらない。

という事で長年連れ添ったATOKとの別れを告げて無料の「Google日本語入力」を私が利用しているすべての端末に入れ替えた。

ただ、残念なことに辞書が共有出来ない(正確に言うと以前は共有出来ていたらしいが最近その機能がなくなったらしい)。
なぜ、そんなことが起きたのかは謎ですが、これは大いに復活を望んでいます。


話は随分とずれてしまったけど、とにかく、ジャストシステムが国内唯一の日本語入力システムにあぐらを書いて次のステップに踏み出せなかった罪は大きい。
あれだけ日本語の変換に精通した企業が音声入力に手を出さなかったのは非常に残念だ。

どこかの企業や、大学と連携して日本語音声入力、つまり日本語の音声認識が出来ればアメリカよりも優れたスマートスピーカー(アシスタントプログラムというべきか?)を作ることが出来たのだと思われると非常に無念だ。


また一つ、日本の企業が陥落してゆくようだ。


NetDrive3のログインについて

前にもあったんだけど、忘れてしまってまた同じことを繰り返したんで、備忘録。

「NetDrive3」っていうクラウドサービスのドライブをPCにマウントして利用する為の有料ソフトを利用している。

巷ではファイルが壊れてしまうから危ないなどという人もいるが、今のところ使えているし、ゴミ箱もある。ということで使っている、会社でも自宅でも共通のドライブを見ることが出来るのは便利だ。

で、タイトルの様に「ログオンの問題」

googleアカウントでログインしているのだが、認証が途中で止まってしまってログイン出来ない現象が起きた。新しくユーザー作成しても何しても出来ないので、サポートへ問い合わせてみた。

もちろん、日本語サポートがあるわけもなく、google翻訳先生に手伝ってもらいながらのやり取り。
こんな感じ。


私) ログインできないんだけど
サ) まずはログファイルを見せてくれないか
私) 「わかりました!」と言われるがままのログファイルを送信
サ) どうやらプロクシの中に居ませんか?その場合、プロクシの設定をしないとログイン出来ません
私) !!プロキシの中ではありませんが、外向けのポートは塞がれています。
私) ログイン時に特殊なポートを利用しますか?
サ) はい、NetDrive3はログイン時にポートNo:10000を利用しています。
私) 指定されたポート(10000)を開けたらログインできました、ありがとう。
サ) それは良かった。


てな具合でなんとか解決、うちの会社外へ出るポートも全部塞がっているんです。会社PCで不要なアプリでチャットやSNSを行わぬようにだが、まあブラウザで作業されればわかんないけどね。


以上、「NetDrive3はログイン時にポート:10000を利用します」という話でした。

たいての有料ソフトはちゃんと対応してくれるからありがたいね。このやり取りはわずか半日の出来事です。すごく反応早くて助かりました。

スマートホーム(4)

色々とガレージのスマートホーム化を考えています。
これまで、

× 赤外線学習リモコン
× スイッチボット

だったんだけど、更に調べてみると「Sonoff」というスマートスイッチが有ることを発見。
仕組みはよくわからないけど、「これ良いじゃん!?!?」とまずは購入。
香港からやって来るので少々時間がかかる。それでも、2週間位で到着。
IMG_20180120_092250

パッケージを開封するも入っているのは本体のみ。なんの説明書もない。

私はソフト開発者なので、こういった部類の機械は正直取り扱ったことはない。説明を見るとこれはスイッチで、無線が利用でき、端子は「NC、COM、NO」とあるらしい。

ネットで文字の意味を調べて、スイッチをあれこれ押しながら、テスターでOutPutを調べて見ると、なんとか私にやりたいことができそうだ。

まず、シャッターのスイッチ
実物は
IMG_20180120_083116
こうなっており、ネットで拾ってきた以下回路図に該当

sanwa_2



つまり、白ー赤を短絡させるとシャッターが開いて、白ー緑でシャッターは閉じるということだ。
また、黒白を引き離すことによって止まる

さて、回路を繋いでみようか・・・・・・・「このスイッチ1chしか無い....」

そうです、シャッターを閉めるのと、開くのに2ch必要なのですが、何も考えず1chを購入してしまった。


また、この説明書もないスマートスイッッチ。設定に少しと戸惑ったんで、説明します。
IMG_20180120_092250


・同包されていないので、自前の電源を使いmicroUSBへ5Vをつなぎます。

・まず、2つあるスイッチの内、真ん中のスイッチは「メインスイッチ」で、端にあるスイッチは、メインスイッチのパターンを切り替える「サブスイッチ」です。

・「サブスイッチ」は押すごとに、0.5秒間だけスイッチがオンになるパターンaと、もう一回押すまでオンを継続するパターンbと切り替えます。
今回のパターンは(a)なので、(a)になるように切り替えておきます。

<<リンク方法・・・Andoroidの場合>>

・まずはGooglePlayから「eWelink」をダウンロード
 ※初回登録には電話番号での個人認証が必要です。
・メインスイッチを長押しし、すぐ横の赤色LEDの点滅が変更「3回+休憩」になるまで押し続けます。(ネットの説明書ではGreen LEDとありますが、この機種は赤色のLEDが点滅します)
・その状態で準備出来たのでスマホのアプリを使い、リンクを探します。以下の「Quick pairing」で接続できます。
February 01, 2018 at 0303PM

※当たり前ですが、スマホとスイッチは同じWifiに居て下さい。

リンクが完了すると以下の様に、家の外からでもリモコンの操作ができます。ちなみに、以下の絵は4chスイッチを購入、設定した後の絵なので4chで、シャッターの開け閉め両方あります。
February 01, 2018 at 0306PM


あとは、スイッチを4chにし、「GoogleHome」を「IFTTT」と組み合わせ、スマホのGPSと連携してガレージのシャッターを自動で開閉するだけです。


次回「Auto ガレージシャッター」が完成します、お楽しみに。

※ちなみに、これらの「Sonoff」スイッチ等は海外から購入します。例えばかの有名な「Aliexpress」だと
「sonoff swutch」でこんな感じに出てきます。

日本でも探すと出てきますがかなりの割高です、こちらはもっと流通して安くなるのを待ちましょう。

スマートホーム(3)

私がスマートホームの中で最もやりたい事、それは「ガレージのシャッターの自動開閉」

都会では贅沢かもしれないが、我が家は田舎で雪も降るので、ガレージにシャターが付いている。これまた贅沢だが、電動シャッターが付いている。
しかし、この電動シャッターだがリモコンが10Mくらいしか飛ばないので、出掛け時は良いのだが、帰宅時はシャッターの前まで来て、シャッターのリモコンオン→開くまで待機なのだ。

たかが数十秒なんだがなんとも、まどろっこしい。

これを自動に出来ないか?というアイデアだ。


シャッターにもリモコンがついているんだからテレビと同じじゃん。
SB-029

テレビと同じように、リモコン覚えさせれば、シャッター開けられるんじゃない?という事で、リモコンを持ってきて学習してみる。

「あれ?全然覚えないっす」

よく調べてみるとシャッターのリモコンは電波式で私がスマートホームで利用している「Broadlink (スマートホーム無線LANリモートIRコントローラ)」では操作できないことが判明。

がっかり。

じゃあ、と考えたのがガレージの物理ボタンをスイッチボットと呼ばれる「物理ボタンを押すロボット」に押させようかと思案。
「スイッチボット」
20180112-switchbot-03

「ガレージのボタン」
IMG_20180131_160641


想像しただけで、むちゃくちゃかっこ悪い!!!
「スマート」かもしれないけど、全然「スマート」じゃない!

しかもこの「スイッチボット」は電池式だし、「ガレージのリモコンを押させる」という手もあるが、リモコンを呼びを購入すると、なんと「15,000円!!!」

諦めました。



ということで、悩みは続く。



スマートホーム(2)

昨年発売された「GoogeHome」と「AmazonEcho」ですが、私が購入したのは「GoogeHome」の方。
アマゾンの方は買い物などが出来て便利そうだったんですが、ネットサービスの多さからか考えると「GoogeHome」かと。

また、噂ではアマゾンよりも「GoogeHome」のほうが認識率が高いようだ。また、現時点では、使い勝手が良いのは断然「GoogeHome」と思われる。理由は色々とあるがここでは省略。

さて、「GoogeHome」をどうするのかというと先述のようにそのままではただの計算のできるラジオでしかない。
せめてテレビやエアコンを声で操作したい。

そのためにはコントロール用のサーバーを用いるのが現時点でのさいぜんさくのようだ。
という事で、初めてlinux系の言語を使い、「ラズベリーパイ」なんていう美味しそうな機械を購入して試行錯誤。

全くの初心者の私でも、ネットを調べると結構なんでも出来る。
ココらへんを参考にして仕上げたスマートホーム。

て言っても、テレビのオンオフ、チャンネル変更、ボリュームアップダウン、あとエアコンのオンオフが出来る程度。

まあ、たかが知れている機能だし、これが出来たからと言って格段便利になったということもない、まだ、自己満足の世界だ。

それよりも私がこうしてせっせと苦労して仕上げたスマートホームなのだが、とある方が画期的な方法で、スマートホームのハードルを下げることに成功したようだ。

本来は以下のような形を取り、ラズパイと呼ばれる自宅サーバーで赤外線リモコンの操作をしていた。(※もちろん私のこの形でプログラムを組んだ)
C

※ここではどうしてもラズベリーパイの部分にプログラムが必要となる。

しかし、大したプログラムではないし、見よう見まねで出来るのだが、「プログラムを組む」という部分は素人には大きなハードルであり、プログラムとは?の「いろは」もわからない人にはかなり難しいレベルだった。

しかし、ネットに登場した「691氏」という人はプログラムの部分を「slack」と呼ばれる、いわゆる既存の「チャット」を用いて、コマンドのみで処理してしまったのだ。

このことによって、プログラムというステップが無くなり、一気にハードルが下がったと思われる。
A

こんな図を見てもわからないよね。
※これは、691氏の10ドルのRM Mini3とGoogle Homeで家電を操作する方法
で説明されています。

この情報を見た私も、早速691氏の環境に載せ替えてみた。コマンド方式になったことで音声命令のカスタマイズが容易になった。

とはいえ、新しいことが出来るようになったわけでもないが、出来ることの幅は増え、連続したコマンドや、時間差のコマンドの発行なども出来るようなった。


そのことによって、「ザッピングして!!」とか「BSの2チャンネルにして」などの命令ができるようになった。



ただ、私にはもっとやりたい事が有った。


騙される直前でした

「ブラウザー意見アンケート」

って言うことで、3つほど質問に答えてたどり着いたページがここのページ。
詐欺ページ


正直良く出来ているし、コメントもそれっぽくリアルタイムで増えてゆくんです。
なぜ子におページが表示されたのかは不明ですが、危なかったです。こういったことには敏感なはずなのですが、この画面が出てくるまで気が付きませんでした。

ただ、この画面は致命的ですね。
「Apple iPhone7 112,800円 → 250円」

これでおかしいと気が付きました。ありえませんものね。

もう半年ほど前から存在している詐欺ページのようです。
気をつけましょう。

スマートホーム

実は昨年の年末に半額セールを行っていたGoogleHomeを購入して我が家をスマートホームにしようと企んでるところだ。

正直、何ができるかわからないままにGoogleHome(スマートスピーカー)を購入したというのが正直なところ。で、品物が来てから色々調べてみたんだが、正直言うと「時期尚早」であることが解った。

ネット上にはGoogle Homeでできること大全などと、似たようなページたくさんあり、すごくいろんな事が出来るように書いてある。

しかし、一般人が購入してすぐに出来ることはこの程度だ
(※その前に、自宅に使い放題のWi-Fiが飛んでることが大前提なんだが、そのことも大きく宣伝されていない)

・計算をさせる・・・「365 割る 5 は?」
・天気予報を知る・・・「明日、東京の天気は?」
・タイマー・・・「明日7時に起こして」
・アラーム・・・「ラーメンタイマーを3分して」
 

まあ、これくらいだ。

あれ?テレビ付けられないの?外出先からエアコンを入れられるんじゃないんだっけ?
出来るには出来ます。
ただ、これらを行うには、現段階では数千円〜1万数千円の「スマートリモコン」と言われる他社の製品を購入する必要があります。

さて、明日の天気や、難しい計算結果を教えてくれる事、テレビとエアコンをつけたり消したりしてくれます。
その為の費用は設備にもよりますが、GoogleHome(14,000)とNarureRemo(13,000)を購入すると27,000円程の出費になります。

いかがでしょう?
更にこれらを行うためには結構複雑な設定が必要になります。更にスマートな実現手段も一つではないので、便利な設定に関しては混乱必至でしょう。


「スマートホーム」をやりたいという人から見ると明らかに高すぎ(高度すぎ)ます。また、この値段は一部屋のみです。別の部屋のエアコンつけたい場合は、スマートスピーカーもスマートリモコンも部屋の数だけ必要になります。

結論として「未来映画に出てくる様なスマートホームを期待している人にはまったくの期待外れの製品です。」


・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・



しかし、私はこの「スマートスピーカー」を否定しているわけではありません、それどころかこれは我々のようなITオタクには果てしない可能性を秘めた「最高のおもちゃ」となるわけです。

また、このあたりは別の記事で報告したいと思います。


EPSONプリンタで純正以外のインクを使うと・・・

インクジェットプリンタは綺麗に印刷が出来て、いろんな物に印刷も出来るし、初期コストも安い。
という様な理由で、ここ10年〜15年間くらいはもてはやされてきた。

しかし、最近皆が気がつき始めた。

「インク代高くねぇ?」

確かにプリンタ購入するときは安い金額で購入できるが、その後のインク代がバカにならない。
私の感覚では、標準レベルのプリンターを購入すると・・・
プリンター代金・・・2万円
インク代・・・5,000円/半年

すると、このプリンタを5年間使い続けるとインク代だけで5万円ほど掛かってしまう計算になる。さらに、この仕組みはプリンターを多く利用するユーザーほど損をする仕組みだ。

そんなこともあって5年ほど前から市場に出てきた、互換インクを多用してました。互換インクが出始めた当初はインクの質も悪かったりで、一年もせずに色あせたり、思ったような色が出て無かったりと問題も有りましたが、最近はそんなことも無く、変な話しですが「信頼できる互換インク」が売りに出され、穂署まで付いている始末です。


こんなことをされだしたらプリンターのメーカーも困っちゃいます。
大容量のインクを準備してみたりと、「プリンター安+インク高の販売モデル」がくずれてきているのではないかと思っております。

ちなみに私はそんなことも有り、「インクジェットプリンターを捨てた人」だったんですが、「年賀状印刷にはやっぱインクジェットか?」という事や、自宅での写真印刷などの需要も意外とあるという事で、再びインクジェットプリンタを再度購入してしまいました。

ただし、コストと写真印刷の質を天秤に掛けた最低のラインで購入です。

※レーザーが駄目な理由は、年賀状の片面をレーザーで印刷した時点でハガキが反ってしまい、2回目の印刷に不具合が生じる為

PX-049A

「PX-049A」を5500円で購入。

さすが「廉価版」印字速度はとても遅いし、操作性も不明瞭で用紙も沢山入らない。でも本体は激安で「EP-803A」時代の6色のインク代よりも安いし、何故かインク代も安い。

ここは我慢する(出来る)レベルです。

さて、やはり新しいプリンタでもインク代はそれなりにします。早速年賀状を印刷すると案の定、インクがなくなりました。

年賀状に、純正インクも買うつもりもないので購入した互換インクが2,500円、純正インクが3,750円なので1,250円。そんなに違いは無いじゃないかというような気もするが、激安は恐いのでこの辺りに止めておいた。

さて、いざ使おうとすると、パソコンにこんなメッセージが。
純正以外のインク

「エプソン非純正品が検出されました!!!」

こんな警告が出たら恐くて使わないという人も居るかもしれませんね。
私は最初から、プリンター自体を消耗品として考えていたし、今回の年賀状印刷で壊れても構わないというつもりで購入しているので、構いませんが。

メーカーも色々と考えるものです。

FireTvとChromecastのどちらを買うか?

昨今、「IoT」だの「スマートホーム」だの騒がれているが、やはりその中の中心に有るのはおそらくTVだと思う。ただ、TVと言っても地上波や衛星放送を見るTVとは限らない。
電波の代わりに、ソースになるのは「AppleTV」「FireTV」「Chromecast」となるだろう。
これらはそれぞれ「Apple」「Amazon」「Google」が売り出しており、それぞれに特徴がある。
appleTV
AppleTV
2015-10-26-firetv
FireTV
Chromecast-2015
Chromecast

どれを購入しようか迷っている人が多く居るだろうと思っているが、現時点で言えることとして、初心者が迷っているのであれば「FireTV」一択だと思っている。

ネット上の情報等を見て居ると、よく見るのがこんな記事。

「FireTVとChromecastは似たような製品ですが、Chromecastにはスマホをリモコンとして利用する為、スマホを持っているのならChromecast、持っていないのであればFireTVが良いと思います。」

・・・おいおい、どうしてこんな記事が書けるのか不思議になってくる。

※まず「AppleTV」と「FireTV」は出来ることは殆ど同じであるが、私が「AppleTV」を持っていないことと、そもそも値段が高すぎて比較の対象にならない事等も有り、「AppleTV」は今回の選択から外すこととする。

という事で「FireTv」と「Chromecast」との違いを書いてゆく。

Amazon「FireTv」のメリット

(1)これが最大のメリットだと思うが、専用リモコンでTV画面を見ながらTV感覚で操作できる。
 YoutubeやAbemaTV、他の(Hulu/NetFlixなどの)有料チャンネルもリモコン操作で楽ちん
 ※また、有る程度の音声検索もリモコンで可能。

(2)Prime会員(325円/月)になると、結構なボリュームの旧作「プライムビデオ、プライムミュージック」が制限無しに視聴できる。常に内容は入れ替わるが、最近(2017/12頃)の目玉は旧スターウォーズ全シリーズ(1〜6作目)放映中。
 ※もちろんPrime会員には有名なネット通販での送料などに大きなメリットもある。

(3)少し工夫をすると、多くのAndroidのアプリがインストール出来るので、自由度が高い。

Amazon「FireTv」のデメリット

(1)他のサービスに比較して感じているデメリットは見当たらない。


Google「Chromecast」のメリット

(1)スマホの画面をまるごとキャスト出来る(※画質は悪いので動画などは不向き)
 その為、本来TVで見ることが出来ない「Tver」「NHKオンデマンド」「日テレオンデマンド」
 などの動画をTVへキャスト(投影)して見ることが出来る(繰り返すが画質がダメ)

(2)スマホ(Android)との相性が良い。(1)の理由になるのかもしれないが、
 AndroidのOSを作ってるのがGoogleなので当たり前だが非常に相性が良い。

Google「Chromecast」のデメリット

(1)私が思う最大のデメリットは、「スマホが必要な事」。
 もしかすると、四六時中スマホを操作している人にはデメリットにならないのかもしれないが、私にとって音楽や映画などを見る時はリラックスの時間だ。にもかかわらず操作の度、スマホを手に取り画面をスワイプし、別の画面が出ていた場合は画面を戻し、パネルボタンを正確にタップするのはストレスだ。
やはり100%反応してくれる物理リモコンボタンの安心感が欲しい。

(2)FireTVの「335円/月」プライム会員にコストメリットで勝るサービスがない。
音楽を聴くのもPlayMusicで950円/月がどうしても必要だ、しかも音楽しか聴けないので、動画を見るには(huluやNetflixなど)他のサービスに加入する必要がある。やはりこちらも1,000円弱なので、映像と音楽を楽しむには最低でも毎月2,000円弱の出費が必要となってしまう。

以上の様な事からFireTV一択なのだ。特に初心者は。
それでも、解らない人が居るといけないのでコストを計算してみます。

前提:家に光回線有り(もしくは十分な通信容量のSIMを持つスマホorモバイルルーター)
・FireStick・・・4,980円
・prime会員・・・400円/月払い、もしくは3,500円/年払い

しばらくはこれだけで、金額以上楽しめ激安だと思います。光が来ている人は購入しないと損だと思う。
出来ることの例えは、家事の間にamazonオススメのプレイリストで音楽の流しっぱなし。

はたまた、YoutubeをTVの大画面で見る。Youtubeも最近はハイビジョンの動画が多いので大画面にしても違和感なく見ることが出来ます。

ちなみに、人と話しをしてみてると、Youtubeは見たことはあるが、スマホもしくはパソコンのみ。
大画面の一般TVでも見られる話しをするとみんな驚く。
最近のTVは標準でYoutubeくらいは見られるようになっていると思うんだが・・・・・・!!!!!????

「最新TVってYoutube見られない?」

私はてっきり最近の家電TVはYoutubeくらい見られるもんだと思ってたんだが、調べて見ると見られたり見られなかったりするんだね、日本の家電屋は何をやっているんだ?「放送局に忖度」しているのか?。
Youtube見られる機能は4Kテレビや有機ELテレビの開発よりも何100倍も簡単だろうに

だから、益々こうやってAmazonやgoogleが国内で台頭しちゃうんじゃんね?


ちなみに、prime会員の音楽や映像はこんな内容の物が見られる、好みと合わないかもしれないが、安いから仕方ない。

プライム
ちなみにprime会員の音楽はこんな感じで

プライムビデオ
で、こっちがprime会員のビデオ一覧はこんな感じとなる。

完全に私の好みが出てしまってる様な気もするが、まあ家族皆で見てるから・・・

私はFireTVはhuluとNetFlixを合わせてのヘビーユーザーだが、chromecsastも持っているのだが、出番はない。

しかし、最近Amazonとgoogleがケンカした為、どうやら来年からFireTVでYoutubeが見られなくなるらしい。
そうなると、我が家ではYoutubeはChromecastで見るしかなくなる。

最近、Google HomeやAmazon Echoも発売され、益々IoTでスマートホーム化が加速するね。


とりあえず、Google Homeを購入してみたのだが、もう少し試行錯誤してみる。

スマホを初期化することに・・・

全てバックアップしおり、スマホの中に大事なデータとか有るわけでも無いので、再セットアップの苦労以外にはそんなに苦になる事は無いのだが、納得できない初期化だったので、ここに報告。

きっかけはグーグルのデバイスマネージャーの「スマホを探す」機能だった。
この機能の存在は知っていたが、実際にどんな動きになるのだろう?と前から思っていた。そこで、試して見ることに。

まずは、MAP上に存在を見つける・・・・良し、確かにここにある。
スマホ探す

次ぎに、音を鳴らすと、大音量で鳴る・・・良し。
画面のロックも出来るのでロックをしてみる・・・すると

「パスワードが指定されていないんでパスワードを入れてください。」

となったので、忘れないように簡単なパスワード12桁を入力し、ロック。・・・・良し、ロックできた。
そもそも、私のスマホは使いやすさ優先で画面のロックは一切行っていないのだ、電源を触れば誰でも解除できる。なので、この時は、「遠隔ロック用のワンタイムパスワードなんだろう」と思っていた。

あと、もう一つ「初期化」も出来るらしいのだがさすがにこれは実験できない。

パソコンから遠隔で紛失したスマホを探したり、スマホの操作のロックもすることが出来るのが解ったので、さてロックを解除しようかと先ほどのパスワードを入れてみる。

あれ?おかしい、何度やってもエラーで弾かれちゃう。間違えちゃいけないとメモっておいたんで100%パスワードが間違っていることはない。

さらにパスワード入力と思っていたが、よく見てみると「パスワード入力」ではなく
4桁のPIN入力となっているではないか!!!
p6590716

え?なんで、さっきロックするのに10桁のパスワードを入れたのに、そのパスワードで解除するんじゃないの?そのパスワードは一体どこに行ったの?

まあ、4桁のPINなので、全く記憶にないが、私が入力したと考えられるパターンを入れていけば、まあ、たどり着くだろう。・・・と安易に思っていた。

しかし、現実は厳しかった、有りとあらゆる電話番号の下4桁、昔パスワードに良く利用した4桁など20回くらい入力してみたがどれもダメ。

かといってグーグル先生に聞いてみても見かける回答はスマホの「設定」メニューから・・・と有るが、ふざけるな、ロックされてるんだから設定メニューも開くわけがないじゃないか!

通常のロックと遠隔のロックとは別なのかな?

PINコードを調べてもこれと言った解決方法が出てくるわけでもなかったので、「もう、めんどくさい!!」と、初期化してしまった。

gogoleアカウントのパスワードは分かるのでなんとかなったのかもしれないが、それよりも自分のミスにイラついていた私は、電話も使えないのは困るんで、勢い余って初期化してしまった。

まあ、一時間ばかりで大体の復旧は出来たが、いずれにせよ納得いかない。また詳しく調べて見るが、おそらく「セキュリティ対策をしていなかったのが問題」何だと思う。

私の端末には、そもそもPINコードは設定されていないんじゃないか?それなのにロック解除にPINコードを要求する仕様はもしかするとバ具の可能性も有るような気がするんだが・・・・・誰か知らないかな?

あ、気がついたけど、LINEのTALKデータがまた一部無くなってしまった。結構痛いなあ〜
まあ、スマホがすっきりしたので良しとします。

また続編をやります。続きを読む

スマホの通話を切断するには?

スマホを使い始めて3年ほど経過するけど、未だに誤操作をしてしまう。

というか、一般的な電話がスマホになってからはこの「誤操作」っていうのが普通になっているんじゃ無いだろうか?

良く有るでしょう。
「切れちゃった!」
「間違って掛けちゃった!」
・・・というのが普通になっていないか?

それを許す文化も形成しつつあるような気がする。
正直、ミスる方もイライラするし、「された」方もタイミングによっては「何だよ!!」という気分になる事も多いだろう。

まあ、そんなことはさておき、「誤操作」自体の話しだ。

この様な「誤操作」の一つとして「電話が任意のタイミングで切れない」というのが有るのではないか?

黒電話の時はもちろん(携帯電話になったときにでさえ)受話器を置けば(「切る」ボタンで電話は切れていた。

それは、その直前の状態がどうであれ「電話を切る動作」は常に行う事が可能で、その動作をすれば、ほぼ100%電話は切れていた。


しかし、スマホはどうすれば電話を終了できるの?

(1) 赤い受話器ボタンをタッチすればOK?
(2) 赤い受話器ボタンが見えない時はどうする?
(3) なんだか待受画面になったから通話は終わったよね?
(4) 電話切ったのに何か声がする?

・・・ってな事が良く有るんじゃ無い?

電話を切ったつもりが切れていないとこっちの会話が全部聞こえてで、時には気マズい話もしてるはず。私だけかもしれないが、気が気じゃない。


・・・という事で、電話を簡単に、且つ確実に切る方法を探してみた。
出来れば黒電話を受話器に戻すがの如く「ノールック電話切り」がしたい。本来。通話本当に切れたか?なんて確認するのも馬鹿らしいと思う。

で、スマホの標準にこんな機能がありました。
Screenshot_20171207-132651
「ユーザー補助」にある「電源ボタンで通話を終了」

ただ、これもくせ者で、話し中はカかならず「近接センサー」で画面が真っ黒になっているんだ。
この状態の際に電源ボタンを押しても、通話終了機能は効かない。
最初は私も「何で切れたり切れなかったりするんだろう?」と動作を疑っていました。

ではどうなるのかというと、電源ボタン1回押下で黒っ画面の解除のみだ。その後もう一度電源ボタンを押下するとようやく電話が切れる。

つまり、この機能を設定しても
・通話終了後、真っ黒解除後なら電源ボタン1回押下
・真っ黒の時に電源ボタン2回押下
のどちらかの操作になる。

相変わらず曖昧な操作なのには呆れるが、少なくとも通話が終わった瞬間(真っ黒画面)に電源ボタンをポチポチと2回押下すれば通話が切れるのは間違いなさそうだ。


しばらくはそんなマイルールで「ノールック電話切り」をしてみようと思う。


ちなみに、上記の「(3) なんだか待受画面になったから通話は終わったよね?」なだけど、これも時折やってしまう。

通話中の判断はここ
Screenshot_20171207-141941
画面左上の「受話器マーク」・・・これが存在している間は通話中だ。
この場合に電話を切るには上から下へスワイプしてメニューを表示させ
Screenshot_20171207-142005


「通話終了」をタップ

これで通話が確実に終了します。
ここで、電話アプリを起動し直しても通話切断できるが、起動すると「通話を続けますか?」みたいな質問が来て、急いでると何だ?となって間違えて電話に出ちゃったり、誤った選択をしたりしてしまう事もある。

それにしても電話を切るためだけの操作が手段が沢山有ってこまるな、スマホって奴は。

私たちにとって、スマホは未だに「半分〜1/3は電話」なので電話専用の物理ボタンを一つ設けたって罰は当たらないと思う。

電話ボタン:「通話中以外に押下するとアドレス帳表示、通話中に押下すると電話切断。」いいじゃない!

あるいは、3歩下がっても、通話中の場合、電源ボタンを押下するとスマホの状態にかかわらず「即、切断」にすればもう少し使いやすい・・・と思いませんか?

外出時、スマホから自宅のPCを操作

外出先、時折自宅のPCに有るデータを見たいとか、住所録ソフトを動かしたい等という事が有る。
データを見るだけなら、クラウドにデータ置いておけば良いじゃんという気もするが、本当の外出先でスマホしか端末が無い場合はやはり、出来ることと出来ない事が出てきてしまう。

そんなときに、自宅のPCを遠隔操作できれば良い事は容易に解る。

以前に「パソコン遠隔操作」って記事で「RealVNC」を利用して接続したよなんて事を書いたけど、VNCは少々重いし、フリーソフトという心配が有る。

そこで、今度は会社の仕事でいつも利用している「Windowsリモートデスクトップ」を動くようにしてみた。
NTTの光ルーターで、IPマスカレードを正しく設定してやると難なく接続。

でも、そんなに簡単に自宅のPCをインターネットから操作できて良いの?という疑問もある。
確かにその通り。

ターミナルサービスが利用するポートは「3389」で共通な為、その既知のポートを攻撃されると難なく自宅PCが乗っ取られてしまう恐れがある。それではおっかないので、せめて利用するポートを御変更するのが一般的だ、これでも簡易的なセキュリティ対策になるだろう。

しかし、自宅のホストPCのポートを「3389」以外にしてしまう場合、自宅内でリモートデスクトップを利用して、2台以上のあるPC同士を操作したい場合など、PC毎にポートを設定する必要が有り、面倒だ。

そこで、自宅PC(ホスト側)のリモートデスクトップで利用するポートは変更せずに、IPマスカレードにて、WANからやってみた指定のポートを「3389」へ変換をしてやる事にする。

リモートデスクトップで接続する際に操作したいPCのローカルアドレスが「192.168.1.4」で、WANからのリモートデスクトップで利用するポートを「12345」とする場合、
「変換対象ポート」へはWANからやって来るポート番号「12345」を登録しておき、
「宛先ポート」へは宛先のPCで利用するポートRDP標準の「3389」を指定しておいてやる。

という事で、実際のNTTルーターの設定はこんな感じになる

dab72711


で、外出先からリモートデスクトップを利用するには、宛先IPアドレスはグローバルIPアドレスを指定し、コロン「:」で区切ってポート番号を指定してやる。

キャプチャ


尚、我が家はプロバイダと固定グローバルIPアドレスを取得するオプションを契約しているのでグローバルアドレスを持っているが、固定のアドレスを持っていない人は無料DNSサービスなどを用いて、ドメイン名でアクセスする事になります。

これでどこのPCからも自宅の画面を操作できます。
さらに驚く事に、「スマホでもリモートデスクトップが操作できる!」これが超絶便利!!!

GooelPlayにある「RDP」というマイクロソフトのアプリ。英語のみの対応だが、簡単なので解るだろう。
キャプチャ

小さな画面だし、マウスもキーボードも繋がっていない状態で操作するにはかなり苦労するが、何も環境が無く、スマホだけで緊急時にWindowsマシンが操作出来るのははとても便利。
キャプチャ2


なので私は仕事にも利用中。

「Amazon!!おまえもかっ!!!」の考察

前回の「Amazon!!おまえもかっ!!!」について、私は「Amazonが失敗したんだ」と思ったんだけど、よく考えてみれば、これは計画的な犯行だったんじゃないかと思うようになった。

格安無制限でユーザーを募り、適当に集まったところで「従量制になりますので次回更新時からは利用分を課金してください」というのは、想定されたシナリオの通りなのではないかと。

実際Amazonでの支払は皆クレジットカード経由の支払なので、クリックのみで更新の手続きは簡単に出来る。
更新しない場合は、既にUploadしたデータの退避場所を検討しなくてはならず、非常に面倒だ。
その為、ユーザーの一部は従量制に移行するだろう。

その割合がどれくらいになるのかは見当付かないが、最初から従量制に入会をするよりも、移行した方がハードルが低いのは想像に易しい。

私は移行しない派の予定だが、まだHDDは購入していない。3Tのデータに年間で4万円オーバーは出すこと出来ない、4万円有れば3TのHDDを2つ購入してもおつりが来るんだし。

Amazonドライブはバックアップ先なのでそんなに慌てる必要も無いが、近々HDD購入しないとマズいだろう。

Amazon!!おまえもかっ!!!

各社しのぎを削り、ユーザーを囲い込もうと始めたクラウドストレージ無制限サービス。
「ついに、クラウドストレージ界へ巨匠が動いた」の記事でも紹介したように、無制限サービスに参加したAmazonですが、結局最大手も失敗したようです。


ちなみに、本日来たメールによると

------------------------------------------------------------------
Amazon Driveでは、Unlimitedストレージプランの提供を終了いたしました。

・・・・・・・・・

年間100GB(年額2,490円)または年間1TB単位(年額13,800円、最大30TB)の新しい年間ストレージプラン

・・・・・・・・・
------------------------------------------------------------------


という訳だ。

現在の私のストレージ利用状況はこんな感じ。
アマゾン契約1


3Tの利用状況。

まあ、殆どがリッピングされたDVDなのだが、撮影した動画や、必要なファイルなどでも300G程度はあるのでこれはどうしても(Amazon以外でも良いが)バックアップが欲しいところだ。

この「たった」300Gのサービスでも2,490円 x 3 =7,470円

どうやらGoogleドライブと足並みを合わせたようだ。ちなみに、私が別途契約しているGogleDriveの利用状況はこの様な感じ。
google契約1


想定はしていたが、「意外に早かった」というのが私の感想だ。

残念!まだ早かったか。
huluやNetFlixがもっと力を持って、見たいと思える映画やドラマがネット上の何処かで見ることができればDVDのバックアップも不要だろうな。

仕方ないからそれまではNASでも購入して運用することにしますかね。

NetDriveがメジャーバージョンアップしてた

どうやら記事にしていなかったけど、私は以前から「NetDeive」っていうソフトを利用してる。
これがかなり便利で、詰まるところ、各種クラウドドライブサービスをパソコンのドライブへマウントするという物。

まあ、こんな感じでネットワークドライブのように利用出来る。
NETdrive2

現在対応しているサービスは「Amazon」「Google」「Box」「DropBox」「Onesync」etc...とメジャーなサービスは殆ど対応している感じ。
これ、正直言ってめちゃめちゃ便利。自宅と会社、あるいはスマホと、自然にファイルの共有が出来る。別のPCを利用しているのに同じように同じところにデータがある。
私は「マイドキュメント」というフォルダをクラウドで共有して、いつでもどこでも同じデータを使えるようにしている。

という事で、私がライセンスを購入して利用している少ないサービスの一つだ。
50$程度だったか?決して安くはないが、それ以上の価値はあると思う。


で、何が起きたのかというと、私がこれまで利用していたのは「Net Drive2」というバージョンを購入していた。
たしか、「1ライセンスで1台の端末への利用が出来る」というライセンスだったはずなのだが、実際は2台以上のPCにインストールしても普通に使えてきたのでそのまま利用させて貰っていた。

最近ようやく自宅の兼サーバーPCをWindows10に入れ替えた関係でNetDriveも新しくダウンロード使用としたところ、「Net Drive2」は消えて「Net Drive3」に置き換えられていたのだった!

ライセンスもそのまま継続利用出来るのかと思いきや、何故かインストール後は「License:Trial」となっており、「もしかして別のライセンスになっちゃったの?」とビビっていたが、よく見てみるとライセンス管理用の専用HPが有り、
・「NetDrive2」と「NetDrive3」を両方使いたいのか?
・あるいは、「NetDrive2」のライセンスを「NetDrive3」に移行するか?
との選択に迫られた。

結局私は無料の「NetDrive3へのライセンス移行」を選択したのだが、他の端末に入っている「NetDrive2」は現時点で刃動作しているが、いつ使えなくなるか不明だ。
とはいえ、他のPCを「NetDrive3」へアップデートしてしまうのも恐ろしくて出来ない。

NETdrive

こんな感じのライセンス管理ページでアカウントの詳細は
NETdrive32
こんな感じで厳密に管理されているように見える。
ちなみに「NetDrive2」の方のライセンスは「No Avivable」となっており、使えない事となっております。


※後、「NetDrive2」は日本語対応していましたが「NetDrive3」はUIが英語のみです。
ただし、マウントしたドライブに有るファイルの日本語などは問題なく表示できています。

「アラームカレンダーPlus」を再設定

こないだ、LINEアカウント壊れたのを機に、なんだか重くなったスマホをリセットしてみた。
スマホデータはバックアップしておいて簡単に復旧するんでPCと比べると楽ちん。

ただ、それぞれのアプリ設定が上手く復旧しない場合があった。

その中の一つ「アラームカレンダーPlus 」。覚え書きとして・・・

PCと連動した目覚ましの作成という記事ですげー便利だ!っていう事を書いたが、その後も結構利用させて貰ってる。
しかしこないだ、連携していたはずのアラームが作成されなくなってしまった。

oogleカレンダーの同期がされていないのか?とか、アラームカレンダーPlusを再インストールとか色々やってみたが一向に復旧しない。

どうした物やらと悩んでた所、正式コメントに「カレンダーグループを作るんだよ」というのを読んでようやく判明。

まずは、メイン画面より「追加」のアイコンをクリックして・・・
Screenshot_20171005-084413


「カレンダーグループの追加」を選んでゆくとGoogleアカウントに連携されたカレンダーが出てくるのでどこのカレンダーに連携させるかを選択してやる。
Screenshot_20171005-084418

それだけだ。もちろんグループとして設定された以外のカレンダーにキーワードが書き込まれても連動しない為注意が必要だが、仕組みが解れば問題ない。

「プライベート」というカレンダーと連動されたアラームが完成した。

仕事などで、メインがPCの人はこれ使うととても具合良いと思う。

LINEアカウントの紛失(2)

結果的にLINEアカウントを削除してしまったその後の話し。

「電話番号」も「アカウント名」も「メールアドレス」も全て元の通りに戻したのだが、LINEにログインしてもトーク履歴も友達も誰もいない。

アカウントを削除したのだから当たり前といえば当たり前。Androidの方はアカウントを削除する(あるいは端末から抜く)とトーク履歴や友達の情報もぜ〜んぶ自動削除みたいだし。

ということで、近い友達を登録して、さらにグループにも招待して貰って迷惑掛けて散々です。

まあ、ボチボチ友達は戻してゆくこととして、なんとか通常運用に入りました。
また、訳分からない友人とか沢山いたから、これで一掃?できて良かったような気もします。


あと、非常にラッキーだったことがあります。

最近追加されたAndroid版LINEの新機能にGoogleDriveへトーク履歴のフルバックアップが有りました。

トーク履歴のバックアップや復元では結構苦労している私は、何かでこの記事を見た際に、早速バックアップを取ったのを思い出しました。それが今月頭のようだったんです。

手順に従い、以前のLINEアカウントのバックアップデータを新しいアカウントに戻してみるとなんと!トーク履歴は全部復活しました。
ただ、友達がいないのでトークは存在するけど、友達が不在というおかしな状況ですが、これも友達を復活させれば、戻ると思われます。

まあ、なんとかなりました。

LINEアカウントの紛失(1)

最近のSNSサービスってのは公開部分と未公開部分の区別が曖昧だったりと、難しい。
今回、LINEでトラブったんでメモ

「DSDS」で運用している私のスマホ。ちょっとイレギュラーな運用をしているかもしれないが、今回の問題はそこではないと思う。

私の同居人は未だに「ガラケー」なのでLINEを使うことはほとんど、無いのだが、一応アカウントが有り、Android2.0時代の古いスマホ「P-01D」にgoogleアカウントと一緒に登録されて使える状態にはなっていた。

もう一台Android4.4のスマホ「FLEAZ f4」のバッテリーがたまたま安く手に入ったんで、P-01Dも画面小さく使いづらいし、「FLEAZ f4」にアカウントを移そうとした時のことだった。

登場するモバイルは4台
 「A」もう使わないのでLINEアカウント「ア」を抜き取る(データのみ、SMS不可)
 「B」LINEアカウント「ア」の引っ越し先(データのみ、SMS不可)
 「C」私の現役スマホ。LINEアカウント「イ」利用中
 「D」同居人のガラケー

私の作業手順は以下の通り

「A」で、LINEのアカウント「ア」を引き継ぎ状態にする
LINE1


「B」で先のアカウント「ア」の(メールアドレス+パスワード)で新規ログインする
そうすると、電話(SMS)認証しろと来るんだが「B」自身ではSMS認証出来ないんで、別の電話「C」での番号認証を試みる。

本来は同居人の電話「D」で認証すべきなのは解っているが、そのときは不在だったんで、
「まあ俺の電話番号で認証してしまえば良いんじゃね?」
と、以下に「C」の電話番号を入力し、SMS送信されてきたNoで認証。
LINE2


「データ消えちゃうよ?」見たいなアナウンス出たが、「古い方は引き継ぎ処理したのでOKだよ!」と思い。そのまま認証続行。

これが全てのミスです。

どうやら「C」の電話番号で取得した認証コードを「B」に入力した為、私が「C」で使っていたアカウント「イ」が旧「A」のアカウント「ア」によって上書きられた形になったようです。

仕組みは良くわかりませんが、「B」に引っ越した旧「A」に存在したアカウント「ア」は「ア」として正常に動作しているようです。

ただ、認証がスマホ「C」に因るものなので、「C」に有ったアカウント「イ」は見えなくなってしまいました。

どうやら、私が利用していたLINEアカウント「イ」が完全に消えてしまったようです。
PCでも利用していたため、PCでもログインを試みましたが、存在しないアカウントなので当然ログイン出来ません。

これではどうにもなりません。
タイミングも悪く、私がみんなのLINEから消えたのが大きなイベント直後だったんで、繋がっていた友人からは「どうしたんだ!?」と電話はあるしで、こりゃ困ったぞ!と。

それに気がついたのも出社後だったため、丸1日はどうにもならず、上記「A」〜「D」全てのモバイルを並べてようやく元に戻したのが、その深夜。

しかし、なんとなく想像はしていましたが、アカウントを正しく作り直しただけでは元の通りに直りませんでした・・・・・。

つづく。

Windows10のウインドウフレームが細すぎ!!

最近、会社のPCも自宅のPCもほぼWindows10に変更した。

使いやすくなった点も有れば使いづらくなった点がある。その中でもウインドウの大きさ変更時にマウスでドラッグする際、フレーム(ウインドウ枠?)が細すぎてマウスポインタが
「サイズ変更」
マウス歩運他
になるタイミングが非常にシビアでイラつくときが結構ある。つまり、ウインドウを捕まえられないんだよね。

windows10のフレームサイズ(ウインドウ枠の太さ)
枠が細井
すごくフレームが狭く、マウスポインターが変わるのも一瞬!こりゃ使いずらいぜ。と思うんだが・・・。

なら「太くすれば良いじゃん」と思うんだが、windows7〜8まではなんとか変更する事が出来たのだが、wondows10になると一般的な設定では「どうにもならない」らしい。

調べて見ると出てきたのが「Aero Lite」というテーマを利用するという事らしい。
何やらwindows10の標準に存在するテーマらしいのだが、選択できないようになっているというMのを以下の方法で利用出来る様になるらしい。

(1)テーマを作る
・以下のテキストを「Aerolite.theme」等の適当な名前で保存して、実行するだけらしい
 尚、保存場所は他のテーマが保存されている以下の場所にすることが好ましいと思われる
「C:\Windows\Resources\Themes」


------------------------------------------------------------------------------------
; Copyright ゥ Microsoft Corp.

[Theme]
; Windows - IDS_THEME_DISPLAYNAME_AERO
DisplayName=Aero Lite
SetLogonBackground=0

; Computer - SHIDI_SERVER
[CLSID\{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\DefaultIcon]
DefaultValue=%SystemRoot%\System32\imageres.dll,-109

; UsersFiles - SHIDI_USERFILES
[CLSID\{59031A47-3F72-44A7-89C5-5595FE6B30EE}\DefaultIcon]
DefaultValue=%SystemRoot%\System32\imageres.dll,-123

; Network - SHIDI_MYNETWORK
[CLSID\{F02C1A0D-BE21-4350-88B0-7367FC96EF3C}\DefaultIcon]
DefaultValue=%SystemRoot%\System32\imageres.dll,-25

; Recycle Bin - SHIDI_RECYCLERFULL SHIDI_RECYCLER
[CLSID\{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}\DefaultIcon]
Full=%SystemRoot%\System32\imageres.dll,-54
Empty=%SystemRoot%\System32\imageres.dll,-55

[Control Panel\Cursors]
AppStarting=%SystemRoot%\cursors\aero_working.ani
Arrow=%SystemRoot%\cursors\aero_arrow.cur
Crosshair=
Hand=%SystemRoot%\cursors\aero_link.cur
Help=%SystemRoot%\cursors\aero_helpsel.cur
IBeam=
No=%SystemRoot%\cursors\aero_unavail.cur
NWPen=%SystemRoot%\cursors\aero_pen.cur
SizeAll=%SystemRoot%\cursors\aero_move.cur
SizeNESW=%SystemRoot%\cursors\aero_nesw.cur
SizeNS=%SystemRoot%\cursors\aero_ns.cur
SizeNWSE=%SystemRoot%\cursors\aero_nwse.cur
SizeWE=%SystemRoot%\cursors\aero_ew.cur
UpArrow=%SystemRoot%\cursors\aero_up.cur
Wait=%SystemRoot%\cursors\aero_busy.ani
DefaultValue=Windows Aero
DefaultValue.MUI=@main.cpl,-1020

[Control Panel\Desktop]
Wallpaper=%SystemRoot%\web\wallpaper\Windows\img0.jpg
TileWallpaper=0
WallpaperStyle=10
Pattern=

[VisualStyles]
Path=%ResourceDir%\Themes\Aero\Aerolite.msstyles
ColorStyle=NormalColor
Size=NormalSize
AutoColorization=0
ColorizationColor=0XC40078D7

[Control Panel\Colors]
TitleText=255 255 255
ActiveTitle=30 30 30
InactiveTitle=51 51 51
InactiveTitleText=160 160 160
GradientActiveTitle=30 30 30
GradientInactiveTitle=51 51 51

[boot]
SCRNSAVE.EXE=

[MasterThemeSelector]
MTSM=RJSPBS

[Sounds]
; IDS_SCHEME_DEFAULT
SchemeName=@%SystemRoot%\System32\mmres.dll,-800
------------------------------------------------------------------------------------


そうするとウインドウのフレームはこんな感じ
枠が太い

とてもマウスでつかみやすくなりました。
他にもウインドウの最大化ボタンなどが見やすくなっております。

どうぞ、利用ください。
ブログ内google

www 全体を検索
本ブログ内を検索


過去の記事
メンテナンス用
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ