実家のお袋の見守りをスマホがやってくれるようになったんで、お役御免となってしまった我が家の「WeMo」。
何故かワカラナイが、日本ではほとんどニュースになることがない「IoT機器」。法律が邪魔しているのかもしれないが、この「WeMo」以外にも「スマートリモンコン」なんかも欲しいと考えているのに、未だ日本では「なんちゃって日本語」で対応した、怪しい輸入品しか買えないような状態。

そこで、機能としては素晴らしい物ので、なんとか利用出来ないかななんて考えていた。

で、最近エアコンの効率を上げようと購入したサーキュレーター。

サーキュレータ


エアコンの冷気を2Fに上げてやろうという目的なんだけど、家のリビング直線階段と相性が良いようで1Fの冷気で2Fの「ムッ!」とした感じをなくす程度までは冷気を持ち上げてくれる事が判明した。

しかし、このサーキュレータにはリモコンが無い。こんな単純なもんにわざわざリモコンなんて付けないわな。

そこでWemoの登場なんだが、しばらく使わないと設定のやり方が解らなく、利用再開までにあれこれと30分以上も掛かってしまった。

次回の為に、WeMo設定方法をもう一度。


(0)スマホからWeMoアプリアンインストール
(1)スマホモバイルデータオフ(ネットに繋がってるとWeMo設定が上手くいかない為)
(2)スマホ余分な自宅Wifiオフ(自動接続で勝手に自宅Wifiに繋がってしまう為)
(3)WeMoの物理リセット(リセット押しながら電源差し込み5秒程度)
(4)スマホをWeMoのWifiネットワークに接続(フリー)
(5)スマホでWeMoアプリ起動
(6)WeMoアプリの手続きに従い、WeMoを自宅wifiに参加させる
(7)途中で「Wifiに接続出来ません」と言われるんで、今度はスマホを自宅Wifiに再接続
(8)これで完成のはずだが、アプリでWeMoが見つからない
(9)しかし、数分待つとWeMoが見つかるので待機。

これで完成!!
サーキュレータはネットさえ繋がれば、どっからでもオンオフの確認と入り切りが出来る様になりました。


何故か上記どのステップに於いても、やり直しが聞かないので、一回ミスると毎回最初からやり直しとなり、スゲー面倒です。

この辺りの設定が改善されればもっとIoT進むんだろうけど、Wifiの設定などが必ず絡んでくるから、難しいかもな。